徳川慶朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「德川慶朝」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
德川 慶朝
本名 德川 慶朝
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1950-02-01) 1950年2月1日
没年月日 (2017-09-25) 2017年9月25日(67歳没)
出身地 静岡県
言語 日本語
最終学歴 成城大学経済学部
活動時期 1972年 - 2017年
テンプレートを表示

徳川 慶朝(とくがわ よしとも、旧字体德川慶朝1950年昭和25年)2月1日 - 2017年平成29年)9月25日[1])は、日本写真家江戸幕府第15代将軍徳川慶喜の曾孫で、旧公爵徳川慶喜家の4代目当主。母方を通じて松平容保の曾孫でもある。


人物[編集]

1950年(昭和25年)、元・公爵で元・貴族院議員の徳川慶光を父として、会津松平家出身の徳川和子を母として静岡市郊外の瀬名に生まれ、生後1 - 2か月で東京都港区高輪に転居。

1972年(昭和47年)に成城大学経済学部を卒業し[2]、写真家として本田技研工業グループ傘下の広告制作会社東京グラフィックデザイナーズに20年間勤務し、広告写真の分野で活躍。独立後はフリーの写真家として主に徳川家伝来の遺跡や歴史的建造物を中心に撮影していた。

東京グラフィックデザイナーズのカメラマンとして勤務していた頃は主に自動車バイクなどを撮影していたが、フリーで活動を開始してからは徳川慶喜家に秘蔵していた写真を再発見し、修正から保存・整理も行っていたことでも知られる。この中には慶喜自身が撮影した写真も含まれているという。

1972年(昭和47年)9月から東京都町田市すずかけ台に住んでいたが[3]、晩年は水戸徳川家ゆかりの茨城県ひたちなか市に居住した[1]

曽祖父・慶喜が「けいき」、祖父・慶久が「けいきゅう」、父・慶光が「けいこう」と音読みされていたことにあやかって、「けいちょう」というニックネームで呼ばれていた。

伯母は昭和天皇の弟・高松宮宣仁親王の妃・喜久子。幼少時はよく宮邸に呼ばれ、可愛がられたという。

昭和50年代に結婚歴があったが、離婚後は独身で養子を取らないことを明言していた[4]。元妻は長岡祥三の娘。元妻との間に二男一女をもうけたが、離婚に際し3人とも元妻が引き取り、徳川姓ではない。このため、慶朝の死去によって徳川慶喜家は断絶したが、慶喜の直系子孫は継続している。次男は母方の実家を相続した。

自ら焙煎したコーヒー豆を"徳川将軍珈琲"の名で卸していた[5]

静岡文化芸術大学非常勤講師を務めた。

を患っていたと言われるが[6]、2017年(平成29年)9月25日に、心筋梗塞により茨城県水戸市の病院で死去し[7][8][1]、67歳。

系譜[編集]

徳川慶朝 父:
徳川慶光
祖父:
徳川慶久
曾祖父:
徳川慶喜
曾祖母:
新村信
祖母:
實枝子女王
曾祖父:
威仁親王有栖川宮
曾祖母:
慰子
母:
徳川和子
祖父:
松平保男
曾祖父:
松平容保
曾祖母:
田代佐久
祖母:
松平進子
曾祖父:
水野忠敬
曾祖母:
松平鍈子

著作[編集]

エッセイ[編集]

  • 「今どきの德川慶喜家」(『国立劇場十月歌舞伎公演』所収)  独立行政法人日本芸術文化振興会2010年
  • 「想い出の食卓 焼いた牛骨と玉ねぎ、トマト、果物、ワイン…3週間かけて作ったビーフシチューを母と」(『月刊新松戸』419号所収) 新松戸編集室、2014年5月

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “徳川慶朝さん死去 67歳 写真家、将軍慶喜のひ孫”. 茨城新聞クロスアイ. 茨城新聞社. (2017年9月26日). http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15063497571525 2017年9月26日閲覧。 
  2. ^ 本田靖春『現代家系論』p.204(文藝春秋社1973年
  3. ^ 本田靖春『現代家系論』p.201(文藝春秋社1973年
  4. ^ 『菊と葵のものがたり』高松宮妃喜久子
  5. ^ 徳川将軍珈琲 サザコーヒー
  6. ^ 『お殿様は「今」』加藤明著、洋泉社ISBN 978-4800309235
  7. ^ 徳川慶喜のひ孫、写真家の徳川慶朝さん死去 67歳”. 朝日新聞デジタル (2017年9月26日). 2020年12月25日閲覧。
  8. ^ 写真家・徳川慶朝さん死去 15代将軍慶喜のひ孫”. 西日本新聞ニュース (2017年9月27日). 2020年12月15日閲覧。

関連項目[編集]