千田嘉平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千田嘉平

千田 嘉平(せんだ かへい、1871年10月12日(明治4年8月28日[1][2])- 1943年昭和18年)2月18日[1])は、日本の陸軍軍人政治家華族。陸軍少将貴族院男爵議員

経歴[編集]

鹿児島県出身。薩摩藩士千田貞暁の二男として生まれる[1][3]。父・貞暁の死去に伴い、1908年6月17日、家督を相続し男爵を襲爵した[4]

1891年東京府尋常中学校卒業[5]1894年7月27日、陸軍士官学校(5期)を卒業し、同年9月18日、歩兵少尉に任官[6]。以後、近衛歩兵第2旅団副官、教育総監部副官、第4軍司令部副官、野津道貫元帥副官、近衛師団副官などを歴任[7]1916年7月14日、歩兵大佐に昇進し歩兵第16連隊長に就任[6]近衛歩兵第4連隊長を経て、1920年8月10日、陸軍少将に進み歩兵第19旅団長となる[6]1924年2月4日に待命となり、同年2月26日、予備役に編入された[6]

1925年7月、貴族院男爵議員に選出され、公正会に属し死去するまで在任[7]。その他、日本競馬会設立委員、軍人援護対策審議会委員などを務めた[7]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上巻、791頁。
  2. ^ 『日本陸軍将官辞典』410頁では「8月6日」。
  3. ^ a b 人事興信所編『人事興信録』第13版 上、セ26頁。
  4. ^ 『官報』第7492号、明治41年6月18日。
  5. ^ 『東京府立第一中学校五十年史』巻末「如蘭会員及現在生徒名簿」(東京府立第一中学校,1929年)
  6. ^ a b c d 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』111、116頁。
  7. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』75頁。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第13版 上、1941年。


日本の爵位
先代:
千田貞暁
男爵
千田(貞暁)家第2代
1908年 - 1943年
次代:
千田貞清