鷹司信輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
家族とともに(1949年)

鷹司 信輔(たかつかさ のぶすけ、1889年4月29日 - 1959年2月1日)は日本公爵貴族院議員、明治神宮宮司鳥類学者日本鳥学会会長。「鳥の公爵」と呼ばれた。

生涯[編集]

公爵で陸軍少将鷹司熙通(のち大正天皇侍従長)の長子として、東京市麹町区に生まれる。幼時は昆虫採集を好んだが、やがて鳥類に関心が移る。

1901年高師附属小1906年高師附属中を卒業後、学習院高等科に進み、鳥類学を志すようになる。1911年東京帝国大学理科大学動物学科に入学、飯島魁教授に師事。1912年、飯島および兄弟弟子の黒田長禮内田清之助と共に日本鳥学会を設立、会頭に飯島教授を戴く。

大学卒業後、一度は大学院に入るも、1915年秩父宮および高松宮の皇子傅育官に任ぜられて中退。父の死去に伴って、1918年6月10日、公爵を襲爵[1]、貴族院議員となる。公務の傍ら研究を続け、1917年、初の著書『飼ひ鳥』を上梓。同年、鳥類飼育愛好家の会である「鳥の会」を設立、のち会長となる。1922年、飯島の死去に伴って日本鳥学会第2代会頭に就任(-1946年)。

1924年ベルギーで開かれた万国議員商事会議参列のため渡欧、1年半をヨーロッパで過ごす。大英博物館に通い、鳥三昧の日々を過ごした。

1932年、日本で絶滅した品種のサクライギリスから逆輸入し、太白と命名。1935年から華族会館館長、1940年から日本出版文化協会会長。1943年理学博士号を取得。1944年明治神宮宮司となる。1946年神社本庁統理に就任。同年に華族制度が廃止された。その後、公職追放となった[2]

1959年2月、肝臓癌で没す、享年69。未刊行の原稿約1万枚が遺された。

栄典[編集]

家族[編集]

四弟の鷹司信敬は養魚家、堺市立水族館長。妻綏子は、公爵徳川家達の次女。息子は鉄道研究家の鷹司平通(妻は昭和天皇三女和子)。伊勢神宮大宮司鷹司尚武は孫(次女・章子の長男、平通の養子となる)。

著作[編集]

  • 飼ひ鳥 裳華房 1917
  • 小鳥の飼ひ方 大日本百科全集 第8 誠文堂 1927
  • 鳥物語 興文社 1929 (小学生全集
  • 着色図編飼鳥集成 養賢堂 1930
  • 鳥と暮して 千歳書房 1943
  • 『鳥と暮して』「全集日本野鳥記7」、講談社、1986

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1756号、大正7年6月11日。
  2. ^ 公職追放の該当事項は「日本出版文化協会会長」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年631頁。NDLJP:1276156 
  3. ^ 『官報』第241号「叙任及辞令」1913年5月21日。
  4. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

関連項目[編集]