西村精一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西村精一

西村 精一(にしむら せいいち、1855年7月21日安政2年6月8日) - 1924年3月21日)は、日本の陸軍軍人政治家華族。最終階級は陸軍中将貴族院議員、男爵

経歴[編集]

長門国(現・山口県)出身。1877年(明治10年)4月、陸軍少尉任官。1894年(明治27年)3月、野戦砲兵第2連隊長に就任し日清戦争に出征。威海衛作戦などに参加。その後、台湾に派遣された。1895年(明治28年)10月、砲兵大佐に昇進した。

1897年(明治30年)10月、野戦砲兵第10連隊長となり、1900年(明治33年)4月、陸軍少将に進級し舞鶴要塞司令官に就任した。同年7月、東京砲兵工廠提理に発令され、1902年(明治35年)5月から翌年5月まで兵器監事務取扱を兼務した。

1906年(明治39年)7月、陸軍中将に進み、1907年(明治40年)9月21日、その功績により男爵の爵位を授爵し華族となった。1910年(明治43年)11月に待命となり、1913年(大正2年)1月、予備役に編入。1918年4月1日、後備役となる[1]

1918年(大正7年)7月から死去するまで貴族院議員に在任した。

栄典[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1702号、大正7年4月9日。
  2. ^ 『官報』第5106号「叙任及辞令」1900年7月11日。
  3. ^ 『官報』第6618号「叙任及辞令」1905年7月22日。
  4. ^ 『官報』第8142号「叙任及辞令」1910年8月11日。
  5. ^ 『官報』第150号「叙任及辞令」1913年1月31日。
  6. ^ 『官報』第3158号「叙任及辞令」1923年2月12日。
  7. ^ 『官報』第556号「賞勲叙任」1885年5月12日。
  8. ^ 『官報』第1938号「叙任及辞令」1889年12月12日。
  9. ^ 『官報』第2974号「叙任及辞令」1893年5月31日。
  10. ^ 『官報』号外「辞令」1896年11月20日。
  11. ^ 『官報』第4323号「叙任及辞令」1897年11月27日。
  12. ^ 『官報』第6627号「叙任及辞令」1905年8月2日。
  13. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  14. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。

参考文献[編集]

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
西村(精一)家初代
1907年 - 1924年
次代:
西村敬三