東京砲兵工廠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯35度42分20秒 東経139度44分57秒 / 北緯35.70556度 東経139.74917度 / 35.70556; 139.74917

東京砲兵工廠(1920年頃)
東京砲兵工廠(1930年昭和5年)当時)
水道橋方向から赤レンガの砲兵工廠を望む
砲兵工廠前

東京砲兵工廠(とうきょうほうへいこうしょう)は、日本陸軍工廠である。1871年明治4年)から1935年(昭和10年)にその機能を小倉工廠に移転するまで操業し、小銃を主体とする兵器の製造を行った。また、官公庁民間の要望に応えて、兵器以外のさまざまな金属製品も製造した。

概要[編集]

1870年3月3日明治3年2月2日 (旧暦))、工部省に造兵司が新設され、同年5月13日4月13日 (旧暦))に大坂城青屋口門内中仕切元番所を仮庁として事務を開始した。大阪工場は、鋳物場・鍛冶場・機械場が6月(旧暦)から、火工所が10月(旧暦)から操業を開始した。明治4年7月(旧暦)、造兵司本局は東京に移転し、大阪は大阪造兵司と名称を変更。陸軍省の発足とともに1872年4月15日明治5年3月8日 (旧暦))大砲製造所と改称した。

1870年(明治3年)3月(旧暦)、造兵司は東京の旧幕府営の関口製造所滝野川反射炉を管轄とし、それらの設備を元に東京工場を小石川の旧水戸藩邸跡に建設し、1871年(明治4年)に火工所(小銃実包の製造)が操業、翌年には銃工所(小銃改造・修理)、大砲修理所の作業が開始された。後に板橋火薬製造所岩鼻火薬製造所十条兵器製造所など関東の陸軍兵器工場を管下においた。このとき藩邸内の日本庭園施設を一部残し、1874年(明治7年)以降、明治天皇の行幸および皇族による行啓の栄誉を受けた。

制度的には1875年(明治8年)2月8日、「砲兵方面本支廠条例」(陸軍省布第45号達)による組織改正で造兵司及び武庫司を廃止し、造兵司(東京)を「砲兵第一方面内砲兵本廠」、大砲製造所(大阪)を「砲兵第二方面内砲兵支廠」と改称した(陸軍省布第35号達)。さらに、1879年(明治12年)、「砲兵工廠条例」(陸軍省達乙第79号達)の制定に伴って、10月10日、陸軍省達乙74号より「東京砲兵工廠」となり、1923年(大正12年)4月1日より施行された「陸軍造兵廠令」(大正12年3月30日勅令第83号)によって、大阪砲兵工廠と合併し「陸軍造兵廠火工廠」、「陸軍造兵廠東京工廠」と改称した。また庭園部分は同年3月7日に、小石川後楽園として国の史跡および名勝の指定を受けた。

同年9月1日関東大震災によって甚大な被害を受けたあと、小石川工場の本格的な復旧には多大な経費が必要なことから、造兵廠長官の直轄であった小倉兵器製造所への集約移転が図られ、1931年(昭和6年)から逐次、小倉へ移転が実施された。1933年(昭和8年)10月、小倉兵器製造所は小倉工廠となり、兵器製造所に加え砲具製造所・砲弾製造所を増設。1935年(昭和10年)10月、東京工廠は小倉工廠へ移転を完了し、約66年間の歴史の幕を閉じた。

工廠跡地は翌年設立した「株式会社後楽園スタヂアム」に売却され、翌1937年(昭和12年)9月職業野球専用の新球場、通称「後楽園球場」や遊園地競輪場など一大レジャー施設としてオープンした。

小石川後楽園は都立公園として整備され、世界的にも名園として知られている。園内には現在も砲兵工廠の遺構がいくつか保存され、また工廠敷地の形状をかたどった記念碑がある。

工廠長[編集]

砲兵本廠[編集]

提理

東京砲兵工廠[編集]

提理
  • 関迪教 大佐:1879年10月10日[2] -
  • 黒田久孝 大佐:1881年10月24日[2] -
  • 井上教通 大佐:1890年10月1日[3] -
  • 竹橋尚文 大佐:1891年12月11日[3] -
工廠長
  • 有坂成章 大佐:1896年6月6日[4] -
  • (兼)桜井重寿 少将:1898年4月26日[4] -
  • 桜井重寿 少将:1900年4月25日[4] -
  • 西村精一 少将:1900年7月29日[4] - 1910年11月30日
提理

陸軍造兵廠東京工廠[編集]

工廠長
  • 近藤兵三郎 大佐:1923年4月1日[7] -
  • 武田信夫 大佐:1923年8月6日[7] -
  • 小柳津正蔵 砲兵大佐:1928年8月10日[8] -
  • (兼)津田藤左衛門 少将:1932年4月11日[8] - 1932年8月8日[9] (本職:陸軍造兵廠作業部長)
  • 高橋貞夫 少将:1932年8月8日[8][9] -
  • 杉本春吉 大佐:1936年8月1日[8] -
  • 杉浦辰雄 少将:1939年3月9日[10] - 1940年3月31日[10]東京第一陸軍造兵廠に改編)

陸軍造兵廠火工廠[編集]

廠長
  • 南部麒次郎 中将:1923年4月1日[7] -
  • 栃木綱貞 少将:1923年8月6日[7] -
  • 井上与一郎 少将:1924年2月4日[7] -
  • 能村磐夫 中将:1926年3月2日[8] -
  • 鈴木貞造 少将:1928年3月8日[8] -
  • 勝野正魚 少将:1928年12月21日[8] -
  • 長谷川鉄次郎 少将:1930年8月1日[8] -
  • 津田藤左衛門 少将:1933年3月18日[8] -
  • 榊田圭蔵 少将:1935年3月15日[8] -
  • 河内権五郎 少将:1936年8月1日[8] -
  • 大島駿 少将:1939年3月9日[10] - 1940年3月31日[10]東京第二陸軍造兵廠に改編)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 外山、森松 1987, 141-142頁.
  2. ^ a b c 外山、森松 1987, 142頁.
  3. ^ a b 外山、森松 1987, 156頁.
  4. ^ a b c d 外山、森松 1987, 186頁.
  5. ^ a b 『官報』第2408号、大正9年8月11日。
  6. ^ a b 『官報』第3013号、大正11年8月16日。
  7. ^ a b c d e f 外山、森松 1987, 250頁.
  8. ^ a b c d e f g h i j k 外山、森松 1987, 338頁.
  9. ^ a b 『官報』第1683号、昭和7年8月9日。
  10. ^ a b c d 外山、森松 1987, 418頁.

参考文献[編集]

  • 佐藤昌一郎『陸軍工廠の研究』(八朔社、1999年) ISBN 4-938571-76-5
  • 三宅宏司『大阪砲兵工廠の研究』(思文閣出版、1993年) ISBN 4-7842-0776-7
  • 官報
  • 外山操、森松俊夫 編著 『帝国陸軍編制総覧』 芙蓉書房出版、1987年。 

関連項目[編集]