大河内輝耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大河内輝耕夫妻

大河内 輝耕(おおこうち きこう、1880年明治13年)11月18日[1] - 1955年昭和30年)5月2日)は、上野国高崎藩最後の藩主大河内輝声の長男で、貴族院議員子爵。妻は徳川慶喜の八女の国子。

経歴[編集]

1882年(明治15年)、父の死により家督を相続し、1884年(明治17年)7月8日に子爵を叙爵した[1][2]。1901年(明治34年)7月に学習院高等学科を卒業して、東京帝国大学法科大学に入り、1905年(明治38年)に卒業した。同年11月、高等文官試験に合格し、大蔵省に入り、主計局に配属された。その後、大蔵書記官、主計局主計課長、専売局主事、大蔵参事官、専売局理事、東京地方専売局長などを歴任した[3]

1924年大正13年)、貴族院議員に当選[4]。1947年(昭和22年)まで在職した。第二次世界大戦中は、翼賛選挙における選挙干渉の危険性を指摘し[5]1945年(昭和20年)3月10日東京大空襲の翌日開かれた帝国議会では「人貴キカ物貴キカ」と人命を優先するよう政府を追及した[6]

栄典[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録』第5版。
  2. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  3. ^ 『人事興信録』第7版。
  4. ^ 『官報』第3484号、大正13年4月8日。
  5. ^ 清永聡『気骨の判決 東條英機と闘った裁判官』新潮新書、2008年。
  6. ^ “防空法で犠牲拡大 空襲時「逃げずに消火」:伝言 あの日から70年:特集・連載”. TOKYO Web (東京新聞). (2015年3月4日). オリジナルの2015年3月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150315193000/http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/Postwar70th/dengon70th/CK2015030402000204.html 2019年8月16日閲覧。 
  7. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
高崎大河内家初代
1884年 - 1947年
次代:
華族制度廃止