黒田長成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黒田 長成
くろだ ながしげ
Kuroda Nagashige.jpg
黒田長成侯爵写真(近世名士写真)
生年月日 1867年6月7日慶応3年5月5日
出生地 日本の旗 日本 筑前国福岡(現福岡県福岡市
没年月日 (1939-08-14) 1939年8月14日(72歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府
出身校 ケンブリッジ大学キングス・カレッジ
称号 従一位
勲一等旭日桐花大綬章
侯爵
配偶者 黒田清子(公爵島津忠義の長女)
親族 黒田長礼(長男・侯爵)
黒田長和(弟・男爵
黒田長敬(弟・子爵

日本の旗 第4 - 8代貴族院副議長
在任期間 1894年10月6日 - 1924年1月16日

在任期間 1924年1月14日 - 1939年8月14日

日本の旗 貴族院議員
在任期間 1892年4月 - 1939年8月14日
テンプレートを表示
黒田長成(1913年)

黒田 長成(くろだ ながしげ、慶応3年5月5日1867年6月7日) - 昭和14年(1939年8月14日)は、日本政治家侯爵。号は桜谷。父は筑前福岡藩の最後の藩主黒田長知である。妻は公爵島津忠義の娘、清子。後嗣は嫡男・黒田長礼黒田長政から数えて福岡黒田家13代目の当主である。位階従一位勲等勲章勲一等旭日桐花大綬章

経歴[編集]

筑前国(現・福岡県)出身。1867年6月7日(慶応3年5月5日)、第12代福岡藩主黒田長知の長男として生まれた。幼名は幸千代。1878年(明治11年)12月28日、父長知の隠居により、12歳で黒田家家督を相続した。

明治維新後、公卿大名はすべて東京で生活するよう命じられており、長成も東京赤坂の黒田本邸に移り住んだ。1878年(明治11年)に慶應義塾へ入学。慶應義塾夜間法律科教授・金子堅太郎の助言により1880年(明治13年)に慶應義塾を中退し、英国ケンブリッジ大学への留学準備を始める[1]1884年に侯爵を授けられる。1885年(明治18年)、学友・添田壽一を随えてケンブリッジ大学キングス・カレッジに入学し、1887年12月学士号(普通学位)を取得し、卒業した[2]

1889年宮内省式部官に任じられるが翌1890年に依願免官。1892年には満25歳に達したために貴族院議員となり(侯爵議員)、かつての福岡藩の藩校旧制中学として再興された修猷館の第3代館長となる。1894年から1924年までの約30年間、貴族院副議長を務めた。1905年副島種臣死去の後を継けて、東邦協会の会頭となった。1908年12月11日、麝香間祗候となる[3]1924年枢密顧問官議定官に任じられ、以後終生その官にあった。1939年薨去。墓所は、東京都港区南青山の青山霊園。毎年、8月14日の命日には小田原市にある旧黒田家別邸清閑亭にて、長成侯爵を偲ぶ桜谷忌が催されている。

逸話[編集]

万年副議長と呼ばれるほど、貴族院副議長を30年の長きに渡り務めた。故に幅広い交友関係があり、旧福岡藩士出身の政治家の金子堅太郎明石元二郎栗野慎一郎など、華族出身の政治家、蜂須賀茂韶徳川家達近衛篤麿西園寺公望浅野長武有栖川宮威仁親王など、歴史家の藤井甚太郎、漢詩人の中島利一郎、歌人の植松有経、元慶應義塾塾長の鎌田栄吉ら多くの人物と交流があり、また、漢詩や書を好み自作の短歌や書を数多く残した。代表著書に『桜谷集』、『淵の玉藻』(詠は父の長知)等がある。

長成は明治天皇大正天皇の信頼厚く、黒田家伝来の名宝刀の『菊一文字』を1902年(明治35年)の大日本帝国陸軍・福岡佐賀演習行啓の折、明治天皇に献上し現在は御物として保管されている。近年、その黒田家で作られた元の拵えと推定される物が発見されている。金梨子地藤巴紋散蒔絵鞘糸巻太刀拵。

豊臣秀吉を顕彰する豊国会や、菅原道真を顕彰する菅公会などの会長も務めた。特に先祖と所縁の深い豊臣秀吉を敬愛しており、京都にある豊国神社、阿弥陀ヶ峯の豊国廟の復興に力を注いだ。近年、京都市東山区にある秀吉正室、おね(高台院)所縁の高台寺にて、豊太閤三百年祭の際にしたためたと思われる、長成直筆の秀吉ゆかりの和歌を模写した書巻が蔵から発見された。菅公会会長としては大宰府天満宮への献梅、『菅相公』を著し、『菅公頌徳談』などに多数寄稿している。会を通じて大隈重信らとも交流があった。

書が大変得意であった為に、黒田家の菩提寺、福岡市崇福寺や日本三住吉の住吉神社水鏡天満宮など、日本各地の数多くの神社仏閣にも揮毫している。

東京都港区赤坂の黒田本邸(現存せず、梅の名所として知られた。)のほか、福岡市中央区浜の町(福岡城本丸武具櫓等を移築し、巨大な御殿屋敷であったが戦災で消失。跡に碑が建立されている)、小田原市(現・小田原邸園交流館 清閑亭)、沼津市(皇室の旧沼津御用邸近くにあったが、現存せず)、大磯(現・元湯・陣屋秦野市鶴巻温泉三井財閥によって移築された)などに多くの別邸をかまえていた。また黒田家は専用の鴨場をいくつか持っており、現在の羽田空港の敷地は元黒田家の「羽田鴨場」であった。

家族[編集]

息子は「日本鳥学の父」と呼ばれた黒田長礼侯爵、孫は山階鳥類研究所所長黒田長久。ともに鳥類学者であり日本鳥学の基礎研究に多大な貢献をしている。 長女・幸子は海軍少将長嶺公固夫人、次女・良子は子爵高倉永輝衣紋道高倉流24代宗家)夫人。

栄典[編集]

著作等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高瀬暢彦「金子堅太郎 自叙伝(3)」(日本大学精神文化研究所紀要29、1998年3月、史料紹介、136~138頁)。旧藩主黒田長知からの長成の修学の途についての相談に対し、金子はつぎのように助言した。「長成君は大藩華族の当主なれば、将来、英国に赴き、彼国の貴族の修学する大学に入学し、一箇の専門学を修業し、且つ英国の貴族に則り、その人格を修養せらるること緊要なり。もし此儀御採用あるべしとならば、慶應義塾を去り、大学予備門に通学し、外人教師につきて英語は勿論、その他の学科をも修め、予備門卒業の後は直ちに英国に留学せられんことを希望す。何となれば、慶應義塾は普通中学の程度にして、専門の学科を教授することなく、また、その英語は日本人が変則の英語を以て教ゆるが故に、その発音読方等は不完全にして、渡英後に純粋の英語を学ぶのに、却て障害となるべければなり」。
  2. ^ "Kuroda, Nagashigé. (KRD885N)". A Cambridge Alumni Database. University of Cambridge. 
  3. ^ 『官報』第7640号、明治41年12月12日。
  4. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  5. ^ 『官報』第1937号「叙任及辞令」1889年12月11日。
  6. ^ 『官報』第3811号「叙任及辞令」1896年3月16日。
  7. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  8. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  9. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1915年11月10日。
  10. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


先代:
黒田長知
黒田氏(旧福岡藩)13代当主
1878 - 1939
次代:
黒田長礼