黒田職隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒田 職隆
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 大永4年(1524年
死没 天正13年8月22日1585年9月15日
改名 小寺職隆→黒田職隆、宗円(号)
別名 満隆(みつたか)、識隆(のりたか)
墓所 兵庫県姫路市飾磨区妻鹿
官位 兵庫助、美濃守
主君 小寺政職織田信長豊臣秀吉
氏族 小寺氏黒田氏(自称宇多源氏
父母 父:黒田重隆、母:妻鹿氏
兄弟 職隆高友(休夢)井手友氏松井重孝
明石宗和の娘(小寺政職の養女)、
神吉氏(黒田利則母)、母里氏(黒田直之母)
孝高(孝隆・官兵衛・如水)
利高(利隆・兵庫助)利則直之
志織(浦上清宗の妻)[1]、女子(浦上誠宗の妻)、香山妙春(三木清閑の妻)、秋山妙円(虎、尾上武則の妻)、心誉春勢(一柳直末の妻)

黒田 職隆(くろだ もとたか、大永4年(1524年) - 天正13年8月22日1585年9月15日))は、戦国時代から安土桃山時代武将黒田孝高(官兵衛・如水)の父。

生涯[編集]

出生[編集]

父・黒田重隆が在住していた、山陽地方随一の商業都市として繁栄していた備前の福岡(現在の岡山県瀬戸内市)にて生まれたと伝わる[2]

黒田氏当主時代[編集]

姫路市妻鹿にある黒田職隆の墓

御着城主の小寺政職に仕え、天文12年(1543年)には政職の敵であった香山重道を討ち取った。それらの功績から天文14年(1545年)、政職の養女を娶って家老に列せられると共に、小寺姓氏偏諱(「職」の1字)を与えられて小寺職隆と名乗り、播磨姫路城城代になった。職隆は百間長屋を建てて貧しい者や下級武士、職人、行商人などを住まわせるなどして、配下に組み入れたり情報収集の場所としていた[3]

永禄7年(1564年)には、浦上政宗の息子浦上清宗と自分の娘(養女とも)・志織の婚姻を実現させるが、その宴席中に父・重隆のかつての主である赤松政秀の奇襲で浦上親子共々娘を殺害され、職隆は政秀と対立した。永禄10年(1567年)頃、息子の孝高(官兵衛・如水)に家督を譲り姫路城の南東に位置する国府山城(こうやまじょう)[4]隠居した。

隠居後[編集]

黒田職隆の墓所全景

永禄12年(1569年)、かねてより対立していた赤松政秀が、足利義昭を抱える織田信長に属した池田勝正別所安治の支援を受け、姫路城に3,000の兵を率いて攻め込んで来た際、迎撃に出ていたが叔父(職隆の実弟)の井手友氏などを失い危機に陥っていた息子・孝高救援の為に自身も出馬して勝利に貢献した(青山・土器山の戦い)。

天正6年(1578年)に摂津有岡城荒木村重の織田家に対する謀反に小寺政職も呼応する向きを見せた際、孝高は村重を説得する為に有岡城に乗り込んだが失敗し、捕縛され牢に入れられてしまう。孝高が幽閉され音信不通になってしまった事で黒田氏は当主不在となったが、この時孝高の重臣7名が連署で主が不在の間は職隆の命に従う事を誓った書状を職隆に宛てて送っている[5]。こうした要請に応じて職隆は孝高が救出されるまでの間黒田家当主の座に復帰し、織田家より離反した小寺には与さず織田家に変わらず味方する姿勢を示した。

天正8年(1580年)、有岡城の謀反に呼応して織田信長に反逆していた小寺政職が逃亡した後は政職の子・斎(いつき、のちの小寺氏職(うじもと))を密かに引き取って養育していたという。その清廉で忠義一徹なところを羽柴秀吉にも賞賛され、後に姫路城の留守居を任された。天正13年(1585年)8月22日、62歳で死去した[6]

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 黒田氏の系図類にはその存在は伺えず、播磨栄城主・井口家繁の娘を養女として迎えたとされる。2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』では広峯神社御師、伊吹善右衛門の娘・おたつとして登場する。
  2. ^ 『黒田家譜』『備前軍記』
  3. ^ 『週刊 日本の城14号』(デアゴスティーニ)
  4. ^ 別名は妻鹿城・甲山城・功山城・袴垂城ともいう。
  5. ^ 『黒田家文書』
  6. ^ 寛政重修諸家譜」黒田家系図より。