黒田長韶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒田長韶像(古心寺蔵)

黒田 長韶(くろだ ながつぐ、寛政元年閏6月13日1789年8月4日) - 天保11年2月26日1840年3月29日))は、筑前秋月藩の第9代藩主。

第8代藩主・黒田長舒の次男。母は奥平松平忠啓の娘・大円院(美須子)。正室は越前松平直恒の娘・寿光院(兼子)。側室に内藤氏、小山田氏など。子に黒田長惺(長男)、慶子(黒田長元正室)、娘(平松時門室のち立花次郎大夫室)、娘(秋月種殷正室)、娘(武田信禄正室のち大田原広清正室)、娘(黒田利武室)。官位は従五位下、壱岐守、甲斐守、兵庫頭。幼名は犬万。通称は金十郎、勘解由。初名は長寛、長房。隠居後、韶翁を称した。

江戸新堀の藩邸で生まれる。文化4年(1807年)1月15日、将軍徳川家斉御目見えする。同年12月16日、従五位下・壱岐守に叙任する。後に甲斐守に改める。文化5年(1808年)4月9日、父の死去により跡を継いだ。宗家福岡藩の藩主・黒田斉清は若年のため、長韶が補佐して長崎警備も務めたが、長韶には家臣団を統率できる力がなく、家臣の間小四郎らに専権を振るわれ、不正を働かれるという有様であった。このため逆に、福岡藩から監督的な指導を受けている。

文政13年(1830年)10月6日、婿養子の長元に家督を譲って隠居した。隠居後、官名を兵庫頭に改めた。天保3年(1832年)9月3日、韶翁と号する。天保11年(1840年)2月26日に秋月で死去した。法号は竜徳院楽斎文水。墓所は福岡県朝倉市秋月の古心寺