黒田長徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒田長徳

黒田 長徳(くろだ ながのり、1848年4月2日嘉永元年2月29日) - 1892年明治25年)6月15日)は、幕末から明治時代の大名華族筑前秋月藩の第12代(最後)の藩主で、明治に入り子爵

第10代藩主・黒田長元の八男。母は今村氏。正室は秋月種殷の娘、継室は新政信の娘。養子に黒田長敬黒田長知の子)。官位は従五位下、甲斐守。幼名は岩虎、通称は篤之允。

経歴[編集]

側室を母に持った庶子で、はじめは他家の養子に出される予定であったが、文久2年(1862年)7月25日に兄の長義が嗣子なくして死去したため、急遽その養嗣子となって家督を継いだ。同年8月17日、将軍徳川家茂御目見する。元治元年(1864年)4月6日、従五位下・甲斐守に叙任する。慶応元年(1865年)、宗家の福岡藩に代わって長崎警備を務めている。慶応4年(1868年)閏4月10日、上洛する。明治2年(1869年)の版籍奉還藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県東京に移住した。1884年(明治17年)7月8日、子爵を叙爵[1]。明治25年(1892年)6月15日、東京にて45歳で死去した。法号は長徳院義山良雄。家督は本家福岡藩黒田家から養子入りした長敬が継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
秋月黒田家初代
1884年 - 1892年
次代:
黒田長敬