松平直恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平 直恒
Matsudaira Naotsune.jpg
松平直恒像(孝顕寺蔵)
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦12年5月1日1762年6月22日
死没 文化7年1月18日1810年2月21日
改名 千太郎(幼名)→直恒
戒名 俊徳院殿仁山良義大居士
墓所 埼玉県川越市小仙波町喜多院
官位 従五位下、大和守、侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
武蔵川越藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平朝矩、母:藤井兼矩の娘
兄弟 土井利建直恒矩峰秋山正修高力直延
正室:桜井供敦の娘)
継室:伊達村候の娘)
側室:鈴木氏、菊地氏、お美佐(八嶋氏)
知豊、兼子(黒田長韶正室)、直温斉典朝蟻、磯子(五島盛繁正室)、絹(松平直興正室)、岸(松平乗顕正室)、季遠姫(松平斉韶正室)、可寛

松平 直恒(まつだいら なおつね)は、武蔵川越藩の第2代藩主。直基系越前松平家6代。

生涯[編集]

宝暦12年(1762年)5月1日、初代藩主・松平朝矩(直賢)の次男として江戸で生まれる。兄(土井利建)は土井家の養子となっていたため、直恒が嫡男とされる(のち利建は土井家で廃嫡されたが、その後に家督を争った形跡は特にない)。明和5年(1768年)、父の死去により家督を継ぎ、安永6年(1777年)12月に従四位下・大和守に叙任される。安永8年(1779年)1月に元服する。

寛政元年(1789年)12月16日に侍従に任官する。文化7年(1810年)1月18日に死去した。享年49。跡を次男の直温が継いだ。

明和6年(1769年)に旧居城である前橋城を廃城・破却とした。

注釈・出典[編集]