松平康載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平康載
Matsudaira Yasutoshi.jpg
『武家華族名誉伝 下』
時代 江戸時代末期(幕末) - 大正時代
生誕 嘉永7年10月11日1854年11月30日
死没 大正12年(1923年9月30日
別名 錦之進(幼名)→松平康載→松井康載→戸田央→板倉勝観
官位 従五位下、周防守、従五位、子爵
武蔵川越藩
氏族 戸田松平氏→松井松平氏戸田氏板倉氏
父母 父:松平光庸、養父:松平康英
兄弟 小笠原長国光則内藤政恒
戸田光芬戸田光遠野々山義比
康載、貞(安藤直裕正室)、
孝(島津忠寛継室のち九鬼隆備正室)
板倉花子板倉勝殷の三女)
板倉勝央、養子:松井康義

松平 康載(まつだいら やすとし)は、武蔵川越藩の第2代(最後)の藩主。松井松平家13代。

嘉永7年(1854年)10月11日、信濃松本藩松平光庸の九男として生まれる。慶応4年(1868年)8月29日、川越藩主松平康英の養子となる。明治2年(1869年)4月10日、養父の隠居により家督を相続し、版籍奉還を願い出た。同年6月10日、従五位下・周防守に叙任される。同年6月25日、版籍奉還にともない、川越藩知事に任じられた。藩政改革に着手し、また、康英の代に収公された2万石の返還がなったが、財政難を克服することは出来なかった。

明治4年(1871年)7月14日、廃藩置県で知藩事職を免官された。明治12年(1879年)3月15日、隠居し、家督を養子の松井康義松平康英の次男)に譲った。明治13年(1880年)4月14日、位記を返上し、実家の戸田家に戻った。実家に復籍後、戸田央と称した。

明治19年(1886年)2月9日、板倉花子(上野安中藩主板倉勝殷の三女。前板倉勝任夫人)と結婚し、板倉家に入籍する。同年4月6日、板倉家の家督を相続する。同年4月9日、板倉勝観と改名する。板倉家は花子が女戸主のため、授爵が遅れていたが、同年4月10日に従五位に、同年4月24日に子爵に叙せられた。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1782号「叙任及辞令」1918年7月11日。
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
安中板倉家初代
1886年 - 1923年
次代:
板倉勝央