松平典則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平典則
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保7年1月23日1836年3月10日
死没 明治16年(1883年7月24日
改名 誠丸(幼名)、典術(初名)、典則、静寿斎(号)
別名 前君様(隠居後)
戒名 松林院殿堯雲義典大居士
墓所 東京都台東区谷中谷中霊園
官位 従四位下大和守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定
武蔵川越藩
氏族 越前松平家支流前橋松平家(結城家)
父母 松平斉典、矢部氏娘・お登勢
兄弟 典常典則
側室:佐受岐氏
、盆、久子、、八重、基則
直侯
テンプレートを表示

松平 典則(まつだいら つねのり)は、江戸時代後期の大名武蔵国川越藩5代藩主。官位従四位下大和守。直基系越前松平家9代。

生涯[編集]

天保7年(1836年)1月23日、4代藩主・松平斉典の四男として江戸にて誕生。長兄・典常(のりつね)が早世したのに伴って、弘化3年(1846年)11月27日に世子となり、嘉永2年(1849年)12月に名を典術(つねやす)から典則と改名した。嘉永3年(1850年)、父の死去により家督を継ぐ。幕命により、外国船の到来に備えて相模湾の警備を務め、嘉永6年(1853年)のペリー来航の際も警護を務めている。

嘉永7年(1854年)8月13日、眼病を理由に家督を養子・直侯に譲って隠居する(この時はまだ実子の(すすむ)、(さとし)、基則は生まれていなかった)。安政4年(1857年)に静寿斎と号した。その後は川越城三の曲輪で隠居生活を送りながらも、「前君様」として藩政に影響力を持った。7代藩主・松平直克(直侯の養子)が上野国前橋藩に移封になると、それに従って前橋城三の丸に移っている。明治5年(1872年)に前橋城が前橋県庁になると柿の宮へ移り、明治10年(1877年)10月に東京へ移った(この間の明治8年(1875年)に三男の基則が生まれた)。

明治16年(1883年)7月24日に死去した。享年48。翌明治17年(1884年)には三男の基則が松平直方(直克の養子)から家督を継承している。

系譜[編集]

系図[編集]

江戸時代後期以後近代までの直基系越前松平家の継承関係を、実系で示せば以下の通り。

 
松平斉典8
 
松平典則9
 
松平基則13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川斉昭
 
松平直侯10
 
 
松平八重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
有馬頼徳
 
松平直克11
 
松平直之14
 
松平直冨15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前田利聲
 
松平直方12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • 数字は直基系越前松平家の代数を示す。
  • 点線は婚姻関係を示す。