結城朝広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
結城朝広
時代 鎌倉時代中期
生誕 建久元年(1190年
死没 不明
別名 通称:結城七郎
墓所 茨城県結城市浦町の称名寺
官位 兵衛尉左衛門尉検非違使正五位下大蔵権少輔
幕府 鎌倉幕府
主君 源実朝藤原頼経
氏族 結城氏
父母 父:結城朝光、母:伊賀朝光
兄弟 朝広平方朝俊寒河時光山川重光細戸朝村朝長宗政宗泰
小磯時広河原田朝綱
正室:安保実光
関朝泰広綱祐広
金山時祐(時広)平山信朝
益戸(小川)義広

結城 朝広(ゆうき ともひろ)は、鎌倉時代中期の武将[1][2]御家人下総結城氏2代当主。

略歴[編集]

建久元年(1190年)、初代当主・結城朝光の長男として誕生。

承久3年(1221年)、承久の乱では幕府側に与して北陸道の大将として参戦し、越中国における朝廷軍との戦いで戦功を挙げた。その功績により、兵衛尉・左衛門尉に任じられる。その後、検非違使となって京都の警護に功を挙げ、仁治3年(1242年)には正五位下、大蔵権少輔に任じられた。その後はそれまでの功績をもって幕政で重きを成し、結城氏の全盛期を創出した。

没年は詳しく分かっていないが、文永11年(1274年)を最後に史料から姿を消しているため、恐らくはこの年の前後に死去したものと思われる。

家督は子・広綱が継いだ。また、祐広は分家して白河結城氏の祖となった。他の子としては、関朝泰藤姓関氏)、金山時広平山信朝等がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 佐々木文昭結城朝広」朝日日本歴史人物事典
  2. ^ 結城朝広 デジタル版 日本人名大辞典+Plus