伊賀朝光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
伊賀朝光
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代前期
生誕 不明
死没 建保3年9月14日1215年10月8日
別名 所六郎
官位 従五位上左衛門少尉伊賀守
幕府 鎌倉幕府
主君 源頼朝頼家実朝
氏族 藤原北家秀郷伊賀氏
父母 父:藤原光郷、母:源邦業
二階堂行政
光季光宗光資伊賀の方
結城朝光
テンプレートを表示

伊賀 朝光(いが ともみつ)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての武将御家人伊賀氏の祖。

略歴[編集]

藤原北家藤原秀郷流の藤原光郷の子として誕生。

蔵人所に代々使えた官人の出身で、朝光が伊賀守に任じられて以降、伊賀氏を称した。建久元年(1190年)11月の源頼朝の上洛に供奉している。正治年間に左衛門少尉承元4年(1210年)3月に伊賀守に任じられる。建暦2年(1212年)12月、従五位上に除す。

娘・伊賀の方を後室に迎えた北条義時が鎌倉幕府の2代執権となった事から、朝光の子らは義時の外戚として活躍した。建保3年(1215年9月14日 に朝光が死去し、翌日山城前司行政の家の後山に埋葬された際には、義時も参列している。

長男・光季承久3年(1221年)の承久の乱で京方の襲撃を受けて自害し、光宗と伊賀の方は貞応3年(1224年)6月の伊賀氏の変で謀反を図って流罪となる。三男・左衛門尉光資は貞応3年(1224年)3月23日に脚気のため死去している。