伊賀光季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
伊賀光季
時代 鎌倉時代前期
生誕 不明
死没 承久3年5月15日1221年6月6日
別名 光末
幕府 鎌倉幕府 京都守護
主君 源実朝
氏族 藤原北家秀郷伊賀氏
父母 父:伊賀朝光、母:二階堂行政
兄弟 光季光宗光資伊賀の方
結城朝光
季村光綱

伊賀 光季(いが みつすえ)は、鎌倉時代前期の御家人鎌倉幕府京都守護

略歴[編集]

伊賀朝光の長男として誕生。母は二階堂行政の娘。

姉妹・伊賀の方鎌倉幕府2代執権・北条義時の継室である事から、北条氏外戚として重用された。建暦2年(1212年)、常陸国内に地頭職を与えられる。建保3年(1215年)、左衛門尉検非違使。建保7年(1219年)2月、大江親広と共に京都守護として上洛。

承久3年 (1221年)の承久の乱で倒幕の兵を挙げた後鳥羽上皇の招聘に応じず、「職は警衛にあり、事あれば聞知すべし、未だ詔命を聴かず、今にして召す、臣惑わざるを得ず」と答えた。再び勅すると、「面勅すべし、来れ」と言った。「命を承けて敵に赴くは臣の分なれども、官闕に入るは臣の知る処にあらず」と言って行かなかった。このため、同年5月15日に官軍によって高辻京極にあった宿所を襲撃され、子・光綱と共に自害を余儀なくされた。後に北条泰時が光季の故地を遺子・季村に与えた。