松平直温 (川越藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平 直温
Matsudaira Naonobu.jpg
松平直温像(孝顕寺蔵)
時代 江戸時代後期
生誕 寛政7年2月14日1795年4月3日
死没 文化13年7月28日1816年8月21日
改名 亀三郎(幼名)→直温
戒名 馨徳院殿大振声光大居士
墓所 埼玉県川越市小仙波町喜多院
官位 従四位下、大和守、侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
武蔵川越藩
氏族 越前松平家
父母 松平直恒:お美佐(八嶋氏)
兄弟 知豊直温斉典朝蟻可寛
正室浅野斉賢の娘)
側室:福田氏
鉚(松平斉省正室)
養子斉典

松平 直温(まつだいら なおのぶ)は、武蔵川越藩の第3代藩主。直基系越前松平家7代。

生涯[編集]

寛政7年(1795年)2月14日、第2代藩主・松平直恒次男として川越で生まれる。文化3年(1806年)4月11日に世子となり、文化7年(1810年)の父の死去家督を継いだ。文化12年(1815年)に元服して従四位下・大和守に叙位・任官する。12月には侍従に任官する。

文化13年(1816年)7月28日に死去した。享年22。跡を斉典が養子となって継いだ。