松平直方 (前橋藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
松平直方
Matsudaira Naokata.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 安政5年8月28日1858年10月4日
死没 明治40年(1907年4月6日
改名 栄之助(幼名)→前田利篤(初名)→松平直方
戒名 大心院殿寂照真夢大居士
墓所 東京都台東区谷中天王寺
上野前橋藩知事
氏族 加賀前田氏越前松平家
父母 父:前田利聲、養父:松平直克
兄弟 直方前田利功林元邦内藤信利林照房前田正庸
正室:隼子伊達宗孝の三女)
秀子(小笠原長生室)、晴之介、万利乃光、妙子(池田仲誠室)
養子:基則

松平 直方(まつだいら なおかた)は、上野前橋藩の第2代(最後)の藩知事。直基系越前松平家12代。

生涯[編集]

安政5年(1858年)8月28日、越中富山藩の第12代藩主・前田利聲の次男として生まれる。明治2年(1869年)8月13日、初代藩主・松平直克養子となり、8月17日に養父が隠居したため、家督を継ぎ、8月25日に正式に前橋藩知事に就任した。しかし不手際があり、明治3年(1870年)11月30日から12月17日まで新政府の命令により、謹慎している。

明治4年(1871年)7月14日、廃藩置県により知藩事職を免官された。明治17年(1884年)に家督を松平典則の三男・基則に譲った。明治40年(1907年)4月に死去。享年50。

栄典[編集]

系図[編集]

江戸時代後期以後近代までの直基系越前松平家の継承関係を、実系で示せば以下の通り。

 
松平斉典8
 
松平典則9
 
松平基則13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川斉昭
 
松平直侯10
 
 
松平八重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
有馬頼徳
 
松平直克11
 
松平直之14
 
松平直冨15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前田利聲
 
松平直方12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • 数字は直基系越前松平家の代数を示す。
  • 点線は婚姻関係を示す。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5089号「叙任及辞令」1900年6月21日。