結城直光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
結城直光
時代 南北朝時代 - 室町時代前期
生誕 元徳2年(1330年
死没 応永2年1月17日1395年2月7日
官位 中務大夫
幕府 室町幕府 安房守護
主君 足利尊氏直義義詮義満
氏族 結城氏
父母 父:結城朝祐
兄弟 直朝直光久朝山川氏義、桐瀬某
基光小花貞光基義秀光

結城 直光(ゆうき なおみつ)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての武将安房国守護下総結城氏8代当主。

略歴[編集]

元徳2年(1330年)、6代当主・結城朝祐の子として誕生。兄・直朝と同様、足利直義より偏諱を受けて直光と名乗る[1]

興国4年/康永2年(1343年)、兄で7代当主・直朝が戦傷がもとで死去した後、家督を継いだ。兄同様、足利尊氏(及び直義)に臣従したが、やがて尊氏・直義兄弟が対立して観応の擾乱が起こると尊氏派に属した。正平7年/観応3年(1352年)に新田義興義宗らが上野国で挙兵したときも尊氏方に与するなど、直義派・南朝方武将との合戦で功を挙げた。

正平23年/応安元年(1368年)にも上杉憲顕[2]の軍に従って、武蔵平一揆に乗じて挙兵した義宗を討伐している。これらの経緯から尊氏・義詮・足利義満の3代の将軍からの信任は厚く、直光はその信任を背景として常陸国に勢力を拡張し、安房の守護職も与えられた。官位も中務大夫に叙せられるなど、結城氏の再びの全盛期を築き上げた。

応永2年(1395年)、死去。子・基光が継いだ。直光は教養人としても優れており、源威集の著者と言われている。

脚注[編集]

  1. ^ 結城氏は鎌倉将軍府の管轄国内の武士であった。
  2. ^ 旧直義派であったが足利義詮基氏により北朝方に復帰。