松平直侯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平直侯
Matsudaira Naoyoshi.jpg
松平直侯(八郎麿)像(彰考館徳川博物館蔵)
時代 江戸時代後期
生誕 天保10年1月9日1839年2月22日
死没 文久元年12月10日1862年1月9日
改名 八郎麿(幼名)、昭融(初名)、直侯
戒名 建中院殿義恩黎懐大居士
墓所 埼玉県川越市小仙波町喜多院
官位 従四位下大和守侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家定家茂
武蔵川越藩
氏族 水戸徳川家越前松平家支流前橋松平家(結城家)
父母 徳川斉昭山野辺義質娘・直
松平典則
兄弟 賢姫、祝姫、徳川慶篤、松姫、徳川慶喜池田慶徳池田茂政直侯、八代姫、
武聰喜連川縄氏昭訓徳川貞子
忠和土屋挙直、愛子、徳川昭武喜徳頼之、正姫ら22男15女
鍋島斉正娘・貢
直克恵姫
テンプレートを表示

松平 直侯(まつだいら なおよし)は、江戸時代後期の大名武蔵国川越藩6代藩主。官位従四位下大和守侍従。直基系越前松平家10代。

生涯[編集]

天保10年(1839年)1月9日、常陸国水戸藩主・徳川斉昭の八男(庶子)として江戸小石川にて誕生。母は家老山野辺義質の娘で斉昭側室の直。江戸幕府15代将軍徳川慶喜(斉昭七男)のすぐ下の弟にあたる。幼名は八郎麿、初名は父より偏諱を受け昭融を名乗る。

川越藩5代藩主・松平典則の養子となって直侯と改名、嘉永7年(1854年)8月13日の養父の隠居により家督を継ぎ、安政元年(1854年)12月16日に従四位下・大和守に叙位・任官する。

安政2年(1855年)1月に元服する。文久元年(1861年)12月6日に家督を養子・直克に譲って隠居し、直後の12月10日に死去した。享年23。

系譜[編集]