松平直基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松平 直基
時代 江戸時代前期
生誕 慶長9年3月25日1604年4月24日
死没 慶安元年8月15日1648年10月1日
改名 五郎八(幼名)→結城直基→松平直基
別名 七郎(通称)
戒名 仏性院殿鉄関了無大居士
墓所 兵庫県姫路市書写の圓教寺
東京都豊島区駒込の泰宗寺
神奈川県南足柄市大雄町の最乗寺
官位 従四位下、侍従大和
幕府 江戸幕府
越前勝山藩主→大野藩主→出羽山形藩主→播磨姫路藩
氏族 結城氏越前松平家
父母 父:結城秀康、母:品量院(三好長虎の娘)
兄弟 忠直忠昌喜佐姫直政吉松直基直良
正室:布連本多富正の娘)
側室:堀氏
直矩
養子:養女内藤信良継室)

松平 直基(まつだいら なおもと)は、江戸時代前期の大名。直基系越前松平家初代。

生涯[編集]

慶長9年(1604年)3月25日、結城秀康の五男として生まれ、養祖父・晴朝に養育される。

慶長12年(1607年)に結城家の家督を相続した。慶長19年(1614年)に晴朝が死去したため、その隠居料である5千石を相続する。寛永3年(1626年)からは松平姓を称したが、家紋は結城家のもの(結城太閤桐)から変えず、結城家の祭祀を継承した。実兄にあたる越前国主・松平忠直より偏諱を受け直基を名乗る。

寛永元年(1624年6月8日に越前勝山3万石、寛永12年(1635年8月1日に越前大野5万石に加増移封され、正保元年(1644年)には山形15万石と漸次加増を受け、慶安元年(1648年6月14日に姫路に国替えを命じられたが、そのわずか2ヶ月後、封地に赴く途上で死去した。享年45。

官歴[編集]

墓所[編集]

書写山圓教寺[編集]

書写山圓教寺に直基の墓所がある。圓教寺の案内図などにある松平家廟所というのはこの墓所を指していると思われる。

関連項目[編集]