内藤信良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
内藤 信良
時代 江戸時代前期
生誕 寛永2年(1625年
死没 元禄8年7月23日1695年9月1日
改名 犬千代(幼名)→信良
戒名 宝岩院殿静挙供安大居士
墓所 新潟県村上市羽黒口の光徳寺
官位 淡路守、従五位摂津守、豊前
幕府 江戸幕府
陸奥棚倉藩
氏族 内藤家 (信成系)
父母 父:内藤信照、母:阿部正次の娘
兄弟 信良信全
正室:奥平忠昌の娘、継室:松平直基の養女
信貞信輝、ほか
養子:弌信

内藤 信良(ないとう のぶよし)は、陸奥棚倉藩の第2代藩主。

生涯[編集]

寛永2年(1625年)江戸に生まれる。同10年(1633年)に徳川家光に拝謁し、18年(1641年)に従五位下摂津守となった。寛文5年(1665年)に襲封し、豊前守に改める。同11年9月、弟の信全に新田5000石を分与し、このため棚倉藩の所領は4万5000石となった。

寛文13年(1673年)、嫡男の信貞が早世した。後嗣として再従弟の弌信を迎え、延宝2年(1674年)に家督を譲った。元禄8年棚倉において死去、享年71。

葬地は棚倉町の光徳寺、のち小石川無量院(廃寺)に改葬されたと伝えられる(『寛政譜』新訂13巻201頁)。現在は村上市の光徳寺に墓所がある。

『棚倉町史 1』は棚倉藩内藤家を「浄土宗の熱狂的な帰依者」と推測し、また念仏講が盛んに行なわれたとしている。また「井上氏」の「検断日記」にこの行事に関する記事があるという(353から354頁)。

子女[編集]

寛政重修諸家譜』は養子・養女を含め三男三女を記している(新訂1巻201から202頁)。

※204頁の記述に拠る。202頁および東京大学史料編纂所蔵「越後村上 内藤家譜」では「信明」としている。分家となった信全の養子・内藤信有の嗣子。

出典および参考文献[編集]

  • 『新訂寛政重修諸家譜』13巻 続群書類従完成会、1984年
  • 『棚倉町史 1』福島県棚倉町、1982年
  • 東京大学史料編纂所所蔵「越後村上 内藤家譜」(請求番号:4175-665)※東京大学史料編纂所データベースから検索・閲覧可能。


先代:
内藤信照
内藤家 (信成系)第4代当主
1665年 - 1674年
次代:
内藤弌信