村上城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
村上城
新潟県
天守跡にある舞鶴城趾の石碑
天守跡にある舞鶴城趾の石碑
別名 舞鶴城、本庄城
城郭構造 平山城
天守構造 望楼型3重(非現存・1598年築)
望楼型3重(非現存・1649年改)
築城主 本庄氏
築城年 不明(1500年代)
主な改修者 村上頼勝松平直矩
主な城主 本庄氏堀氏内藤氏
廃城年 1871年明治4年)
遺構 石垣、堀
指定文化財 国の史跡
再建造物 なし
位置 北緯38度13分11.46秒 東経139度29分6.00秒 / 北緯38.2198500度 東経139.4850000度 / 38.2198500; 139.4850000座標: 北緯38度13分11.46秒 東経139度29分6.00秒 / 北緯38.2198500度 東経139.4850000度 / 38.2198500; 139.4850000
地図
村上城の位置(新潟県内)
村上城
村上城

村上城(むらかみじょう)は、かつて新潟県村上市に存在した日本の城平山城)。別名・舞鶴城(まいづるじょう)、本庄城(ほんじょうじょう)。村上市街地東端にそびえる臥牛山(標高135メートル)の頂に築城され、歴代の村上藩主の居城であった。国の史跡に指定されている。

概要[編集]

臥牛山
臥牛山山頂と天守跡
石垣
天守跡から見た村上市中心部

臥牛山に初めて城が築かれた年代は定かではないが、戦国時代16世紀初頭)に、阿賀北の領主、本庄氏によって築城されたとみられている。当時は本庄城と呼ばれており、木柵で防御された中世式の城郭であった。永禄11年(1568年)、城主本庄繁長上杉謙信に反旗を翻す。1年に亘り籠城し、謙信に抵抗した繁長であったが、伊達氏蘆名氏の斡旋を受け入れ、嫡子顕長を人質に出し、所領を一部没収されることで講和を受け入れた。

慶長3年(1598年)、本庄氏の会津転封にともなって、堀秀治の家臣・村上頼勝が領主となる。村上氏によって始められた近世城郭への改築工事は、堀直寄の時代に完成を見た。堀氏の時代には3重の天守が建てられ、また城下町の構えや町割りも整備された。

慶安2年(1649年)に姫路から松平直矩が入城。寛文年間に村上城は大規模に改修された。天守・等が新たに造り直されたが、ほどなく寛文7年(1667年)の落雷により天守等を焼失。以後、城主が転々と変わったこともあり、天守が再建されることはなかった。天保年間(1830年-1844年)に居館が解体され長法寺本堂に再利用されている。

幕末戊辰戦争では、内藤家の村上藩は親幕府派と新政府派で意見が分かれて分裂状態となり、慶応4年(1868年)、官軍に抗しきれないとみた親幕府派の藩士が山麓居館に火を放って庄内方面へ脱出。庄内藩兵と合流し、新政府軍と羽越国境で交戦した。

明治3年(1870年)新たに成立した「村上県(後に新潟県に合併)」知事となった内藤信美は、焼け残っていた城郭の破却を政府に届出し、受理された。この時点ではまだ城下の諸門や石垣はほとんど無傷で残っていたというが、それも明治8年までに解体・売却された。今でも村上市内には、このときに売り払われたと見られる石垣の一部が、民家の庭石や塀の礎石として残っている。

第二次世界大戦後の高度成長期には城下の土塁は損なわれ、市中も区画整理されて城下町の面影が薄くなった。

現在の臥牛山は、小学校の遠足で登られる程度の場所で、それ自体は観光の対象とはなっていないが、城山に関しては、旧藩士の子孫らによって発足された「村上城跡保存育英会」が長年維持、管理に当たってきた。村上城跡は1960年昭和35年)に新潟県指定史跡、1993年平成5年)には国の史跡に指定され、現在では行政の手も借りて維持、管理が進められている。

歴史・沿革[編集]

観光[編集]

所在地[編集]

  • 新潟県村上市
    • 大字村上字牛沢60番他
    • 羽黒口564番ノ1他
    • 新町937番ノ1他
    • 二之町932番ノ4他
    • 大字本町字田口979番他
    • 三之町620番ノ1他
    • 大字本町字臥牛山986番ノ1他

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]