新高山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
logo
新高山城
広島県
新高山城の井戸
新高山城の井戸
城郭構造 山城
天守構造 建造されず(詰の丸が近世天守に相当する。)
築城主 小早川雅平
築城年 建治2年(1276年
主な改修者 小早川隆景
廃城年 慶長元年(1596年
遺構 石垣、堀切、土塁、井戸、礎石、郭、縦堀
指定文化財 国の史跡
位置 北緯34度25分12.6秒 東経132度58分32.0秒 / 北緯34.420167度 東経132.975556度 / 34.420167; 132.975556
地図
新高山城の位置(広島県内)
新高山城
新高山城
テンプレートを表示

新高山城(にいたかやまじょう)は、現在の広島県三原市本郷町に建てられた日本の城である。城跡は国の史跡に指定されている。2017年平成29年)4月6日、続日本100名城(173番)に選定された。[1]

歴史[編集]

新高山城(左)・高山城(右)

小早川氏の居城は代々沼田川(ぬたがわ)の対岸にあった高山城で、その副塁として現在の新高山城の位置に建治2年(1276年)に小早川雅平によって築かれた砦が存在した。

沼田小早川家を継いだ小早川隆景は、天文21年(1552年)にこの砦を本拠とすべく拡張工事を行った。小早川家文書『毛利元就父子雄高山行向滞留日記写』によれば、永禄4年(1561年)3月には、毛利元就と隆元がこの新高山城を訪城、数日間滞在、連日饗応が行われた。

慶長元年(1596年)に三原城へ移るまで小早川氏の本拠となったが、三原城築城に際して高山城ともども廃城として、石垣は崩されて三原城の建築資材として持ち去られた。

構造[編集]

標高197.6mの山頂部を中心に築かれた山城で、その規模は東西400mに及ぶ。北と東は沼田川で守られ、瀬戸内海にも近く、城下には水軍の基地も建設された。

本丸、中の丸、西の丸、北の丸、釣井の段、鐘の段などの曲輪が残存し、シンゾウス郭やライゲンガ丸等、独特の曲輪名が残っている。本丸には枡形の土塁遺構や建物の礎石が残っている。

また城内には小早川家の菩提寺、匡真寺(きょうしんじ)跡がある[注釈 1]三原市本町の宗光寺山門(国の重要文化財)は新高山城の大手門を移築したものと伝える[2]が異説もある。

築城当時(鎌倉時代後期)は、鐘の段付近だけの小規模な砦であったと推測されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 。三原城築城の際に移転し、宗光寺として現在に至る。

出典[編集]

  1. ^ 続日本100名城 | 日本100名城 | 公益財団法人日本城郭協会” (日本語). jokaku.jp. 2018年9月29日閲覧。
  2. ^ 宗光寺 | 三原観光navi | 広島県三原市 観光情報サイト 海・山・空 夢ひらくまち」『三原観光navi』。2018年9月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]