志苔館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
志苔館
北海道
志苔館
志苔館
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 小林氏
築城年 不明
主な改修者 不明
主な城主 小林氏
廃城年 1457年長禄元年)か
遺構 曲輪土塁
指定文化財 国指定史跡
再建造物 なし
位置 北緯41度45分56.6秒
東経140度49分20.6秒
地図
志苔館の位置(北海道内)
志苔館
志苔館
Shinori20140604173914-02.jpg
地図

志苔館(しのりたて)は、北海道函館市に所在する中世城館跡(日本の城)。小林氏によって築かれたとされる道南十二館のひとつ。国の史跡に指定されている。

立地[編集]

西には旧志苔川があり、東は溪沢に連なっており、南方は海に面した丘陵上に立地する。

遺跡概要[編集]

1983年から1985年にかけて函館市教育委員会によって発掘調査が行われた。

館跡は、自然地形を活かし、四方に土塁薬研または箱薬研状の空堀が巡らされ、全体でほぼ長方形の形状を呈している。内部は東西約70-80メートル、南北約50-65メートルで、約4,100平方メートルの広さがあり、曲輪の内部では掘立柱建物跡や井戸が確認されている。土塁の高さは、北側で約4.0-4.5メートル、南側で約1.0-1.5メートルであり、土塁の外側にあたる北側と西側には幅約5-10メートルの空堀が設けられ、最も深い所で約3.5メートルの深さをもつ。

発掘調査では、15世紀前半ごろを主体とする青磁白磁珠洲焼越前焼古瀬戸などの陶磁器が出土している。これらの遺物の年代は『新羅之記録』に記された長禄元年のコシャマインの戦いにおける志苔館陥落の時期(1457年)と矛盾しない。

2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(101番)に選定された。

史跡指定[編集]

1934年昭和9年)8月9日、国の史跡に指定された[1]

腰曲輪、濠、溪沢全体に指定地が及ぶようにするため、1977年(昭和52年)4月27日に追加指定がなされている[1]

中国銭の大量出土[編集]

1968年、志苔館の南西方向100メートル地点から、埋納されたと推定される越前焼、珠洲焼の大甕3個の中より計38万7,514枚[2]におよぶ、主として中国の銅銭が出土している。これは日本国内で1か所から発見された古銭としては最大級の量である。「北海道志海苔中世遺構出土銭」として国の重要文化財(考古資料)に指定され、市立函館博物館に所蔵されている。

所在地[編集]

  • 函館市志海苔町・赤坂町

交通手段[編集]

  • 函館バス下海岸線(7・79・97系統)「志海苔」停留所下車。(徒歩約5分)

「湯倉神社前」停留所までは、函館市電湯の川線(湯の川停留場乗継)も利用可能。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 志苔館跡 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  2. ^ 古銭の枚数について、文化庁公式サイトの「国指定文化財等データベース」には「374,435枚」とあるが、「387,514枚」が正当。平成24年9月6日文部科学省告示第138号で員数が変更されている。

外部リンク[編集]