白石城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
白石城
宮城県
三階櫓
三階櫓
別名 益岡城、枡岡城
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 大櫓(三階櫓)複合式層塔型3重3階(1819年再、非現存。1995年木造復元)
築城主 白石氏
築城年 鎌倉時代
主な改修者 蒲生郷成
主な城主 白石氏蒲生氏上杉氏片倉氏
廃城年 1875年
遺構 石垣、移築門、移築蔵
指定文化財 白石市指定史跡
再建造物 三階櫓、門、塀
位置 宮城県白石市益岡町北緯38度0分9.32秒
東経140度37分1.66秒
地図
白石城の位置(宮城県内)
白石城
白石城
1976年度(昭和51年度)撮影の国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
白石城は、白石盆地の中央西寄りを南北に延びる独立丘陵(写真中央)の北端にある。その北側を北東方向に白石川が流れる。

白石城(しろいしじょう)は、宮城県白石市にあった日本の城である。別名益岡城枡岡とも)。白石市指定史跡[1]

概要[編集]

主として仙台藩伊達氏の支城として用いられ、片倉氏が代々居住した。九州の八代城などと並んで、江戸幕府一国一城制の対象外とされて明治維新まで存続した。天守の代用となっていた三階櫓は、支城という格と幕府への配慮から天守の名をはばかり大櫓と名づけられたとされる。かつての城は、本丸、二の丸を中心に、幾重にも外郭を備えた堅城であった。虎口のうち、大手門付近には幅が変化し、鍵の手に折れる通路など,特に工夫がみられる。

明治初頭の廃城令により廃城処分とされ、ほとんどの建物は破却された。天守閣は石垣なども撤去され更地になった。現在、三階櫓など本丸の一部が1995年に木造で復元されて現在は公園となっている。

現存する建物としては、厩口門が市内の延命寺山門に、東口門が市内の当信寺山門に、どこの門か定かではない城門が名取市耕龍寺山門に、煙硝蔵が市内の個人宅に、それぞれ移築されている。土塁は当時のものがそのまま残っている。

地理[編集]

奥羽山脈阿武隈高地に囲まれた白石盆地白石川によって南北に分断されているが、その白石川南岸(右岸)に接して独立丘陵がある。同丘陵の長軸は南北約1,600m、短軸は東西300-650m、最も標高が高い三角点は南端付近にある下前山の標高97.10mである(地図)。白石城は南北に長い同丘陵の北端(三等三角点「城山」の標高75.79m。地図)に築城され、同城の南側には空堀を掘って丘陵の尾根の連続性を断っている[2]。空堀より南側の同丘陵上には、常林寺地図)・清林寺地図)・傑山寺地図)などの寺院が並ぶ。

白石川沿いを上流に行くと羽州街道(七ヶ宿街道)に至るが、白石城下町を通るのは奥州街道である。奥州街道は南側の福島藩から仙台藩に入ると最初にある小規模な盆地に越河宿地図)があり、次の白石盆地に入るとすぐ斎川宿地図)がある。ここから白石盆地内に点在する地蔵院舘、八幡神社がある小山、金華山神社がある小山、太平神社がある小山などの間を縫うように通り、さらに権現山と八ツ森山という2つの小山の間を通って、上記の南北に長い丘陵の東麓に沿って北上し、白石城下町に入る。

歴史・沿革[編集]

行事[編集]

  • 元日 - 天守閣から初日の出を拝む会
  • 4月 - 白石城桜まつり
  • 5月 - 片倉鉄砲隊火縄銃演舞・城の会
  • 10月 - 鬼小十郎まつり
  • 大晦日 - 除夜の鐘を鳴らす会

城泊[編集]

2019年9月24日、白石城の天守閣で外国人観光客が城内での食事や宿泊を体験する「城泊」ツアーが行われた。これは平戸城に次ぐ国内2例目、木造の城では初となる試みで、7400組を超える応募があった中でマンリオ・カデロ駐日サンマリノ大使夫妻がツアー体験者に選ばれて、甲冑着物の着付け、宮城県内の食材を活かした創作料理などを満喫した[7][8]

参考画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]