大砲万右エ門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大砲 万右エ門 Sumo pictogram.svg
The 18th Yokozuna Ōzutsu Man'emon 005.jpg
基礎情報
四股名 大砲 万右エ門
本名 角張 萬次→角張 萬右衛門
愛称 分け綱
生年月日 1869年12月30日明治2年11月28日
没年月日 (1918-05-27) 1918年5月27日(48歳没)
出身 角田県刈田郡大鷹沢村
(現:宮城県白石市
身長 197cm
体重 134kg
BMI 34.53
所属部屋 尾車部屋
得意技 右四つ、寄り、突っ張り、叩き
成績
現在の番付 引退
最高位 第18代横綱
幕内戦歴 98勝29敗51分4預138休
優勝 優勝相当成績2回
データ
初土俵 1887年1月場所(序ノ口)
入幕 1892年6月場所
引退 1908年1月場所
備考
2013年6月9日現在

大砲 万右エ門(おおづつ まんえもん、1869年12月30日明治2年11月28日) - 1918年大正7年)5月27日)は、角田県刈田郡大鷹沢村三沢(現:宮城県白石市大鷹沢三沢[1])出身の元大相撲力士。第18代横綱。本名は角張 萬次(かくばり まんじ)。

来歴[編集]

明治維新直後の1869年に農家の二男として生まれる。子供の時から身体が大きく怪力で、13歳で四斗俵を左右に軽々と提げて歩いた。この恵まれた体格を持つ少年の噂を聞いた伊勢ノ海部屋の元力士の夫人に見出され、1884年の春に上京して尾車部屋へ入門した。同年5月場所、故郷に因んだ「三沢滝(みさわたき)」の四股名で初土俵を踏み、1888年には「大砲」(大炮と名乗っていた時期もあった)に改名した。

1892年6月場所に新入幕を果たして3勝6敗と歯が立たなかったが、その身体の大きさなのか周囲の崩れに助けられたのか、負け越しにも関わらず翌場所は小結へ昇進した。1899年5月場所に新大関となり、4場所務めて全休1回・途中休場も1回あったが、大関では無敗のまま吉田司家から横綱免許を授与された。横綱免許を獲得した折に止め名であるはずの「谷風梶之助」の襲名を勧められたが、本人は「笑い者になりたくない」と固辞した。

1902年5月場所には8勝1分の好成績を残したが、陸軍の砲兵に志願して、1903年5月場所から3場所全休、帰って来た時には持病のリューマチを悪化させていた。1908年1月場所限りで現役引退し、引退後は年寄・待乳山を襲名して待乳山部屋を経営した。後に小結まで昇進する光風貞太郎が門下だったが、光風の十両昇進を見ることなく、1918年5月27日に背中の腫れ物を手術した後に発症した糖尿病で死去した。48歳没。没後、光風は出羽海部屋へ移籍した。

没後80年が経過した1999年11月28日、生誕130年を記念して故郷・宮城県白石市にある白石城二の丸公園の横綱碑と向かい合う場所に中村晋也が製作した銅像が建立され、除幕式が行われた[2][3]

人物[編集]

白石城二の丸公園にある中村晋也作の大砲万右衛門像(2010年4月)

小錦八十吉と並んで、19世紀末期~20世紀初期の相撲黄金時代を築き上げた。身長が実に194cm(六尺四寸五分)にも達し、伝説上の横綱を除けば史上最長身の横綱(当時)で、大砲の没後から約70年後の1986年北尾光司が横綱に昇進するまでこの記録は破られなかった。

不器用を絵に描いたような力士だったが、力は強く突っ張って突き切れなければ叩く取り口で右四つ左上手を取って、万全の構えを取れば誰にも負けなかった。しかし、巨体のために不器用ゆえか自分で動くと失敗が多く、相手の立合いを待つ取り口で、しかも非常に相撲が遅いので引分が飛び抜けて多い。特に1907年5月場所は9戦全分という珍記録まで樹立したが、これにはの「横綱は負けてはいけない」という発言が関係していたとも伝わる。通常は「(横綱は)勝たないといけない」と解釈しなければならないところをこう持っていくことが出来たのは、当の雷も1880年1月場所で4分6休という記録を残していることから、引分で凌いだこともあるためである。横綱時代の引分率は約40%で、復員後の3年6場所に限ると7勝3敗1預25引分、69%にまで跳ね上がる。こうしたことから横綱ではなく「分け綱」だと言われた。

常陸山谷右エ門ですら大砲には苦戦し、対戦相手が常陸山だと聞けば安心していたと伝わる(対戦成績は大砲の2敗6分)。両者ともに受ける相撲を得意とし、大砲は自分からはほとんど攻め込まずに右四つに組み止めて左上手で守りを固めると動かない、左腕を引っ張り込む攻め方の常陸山にとってはこれ以上取りにくい相手もいなかっただろう。

頭は良く、話上手なので引退後は巡業の売込で手腕を発揮した。横綱土俵入りは現在の雲龍型と呼ばれるものに近かったが、せり上がりの後に両腕を広げるという、現在では見られない型で行なっていた。

焼芋が大好物で、2貫(7.5kg)を軽々食べたと伝わる。なお、出身地の白石市では「大砲万右ヱ門」「大砲万右衛門」「大砲萬右衛門」の表記も用いられる。

エピソード[編集]

  • 大鵬幸喜が十両に昇進にする際、二所ノ関から「お前(の四股名)は、次の場所から『タイホウ』だ」と四股名を付けられた。それを聞いた大鵬が最初に連想した文字が「大砲」だったが、二所ノ関は「それは『オオヅツ』と読むんだ…」と言って、大砲の話を聞かせたという。なお、大鵬は引退後に巨砲丈士(オオヅツ)という弟子を持つことになる。

主な成績[編集]

  • 幕内通算成績:98勝29敗51分4預138休 勝率.772
  • 幕内在位:32場所(途中兵役で3場所休場)
  • 優勝相当成績:2回

場所別成績[編集]

本場所における十両昇進以降の成績を示す。

場所 地位 成績 備考
明治25年(1892年)1月場所 西十両1 8勝1敗1分
明治25年(1892年)6月場所 西前頭6 3勝6敗1休
明治26年(1893年)1月場所 西小結 10休
明治26年(1893年)5月場所 西前頭2 5勝4敗1休
明治27年(1894年)1月場所 西関脇 2勝2敗6休
明治27年(1894年)5月場所 西前頭1 4勝2敗2分2休
明治28年(1895年)1月場所 西小結 2勝1敗7休
明治28年(1895年)6月場所 西小結 7勝0敗1分2休 優勝相当
明治29年(1896年)1月場所 西関脇 3勝1敗1分5休
明治29年(1896年)5月場所 西小結 10休
明治30年(1897年)1月場所 西前頭1 6勝2敗1分1休
明治30年(1897年)5月場所 西小結 4勝3敗2分1休
明治31年(1898年)1月場所 西張出小結 4勝0敗4分2休
明治31年(1898年)5月場所 西張出関脇 6勝0敗2分 優勝同点相当
明治32年(1899年)1月場所 西関脇 4勝1敗4分1休
明治32年(1899年)5月場所 西大関 1勝0敗2分1預6休
明治33年(1900年)1月場所 西大関 10休
明治33年(1900年)5月場所 西張出大関 6勝0敗2分1預1休
明治34年(1901年)1月場所 西張出大関 7勝0敗1分2休 場所後4月に横綱免許
明治34年(1901年)5月場所 東横綱 6勝1敗1分1預1休
明治35年(1902年)1月場所 東横綱 6勝2敗1分1休
明治35年(1902年)5月場所 東横綱 8勝0敗1分1休 優勝相当(2)
明治36年(1903年)1月場所 東横綱 7勝1敗1分1休
明治36年(1903年)5月場所 東横綱 10休
明治37年(1904年)1月場所 東張出横綱 10休
明治37年(1904年)5月場所 東張出横綱 10休
明治38年(1905年)1月場所 東張出横綱 3勝1敗1預5休
明治38年(1905年)5月場所 東張出横綱 2勝1敗6分1休
明治39年(1906年)1月場所 東張出横綱 1勝0敗8分
明治39年(1906年)5月場所 東張出横綱 10休
明治40年(1907年)1月場所 東張出横綱 1勝1敗2分6休
明治40年(1907年)5月場所 東張出横綱 0勝0敗9分1休 9戦全分を記録
明治41年(1908年)1月場所 東張出横綱 10休 引退

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]