角牟礼城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
logo
角牟礼城
大分県
伝搦手の石垣
伝搦手の石垣
別名 角埋城
城郭構造 山城
築城主 森朝通
築城年 弘安年間(1278年 - 1288年
主な城主 森氏、毛利氏 (藤原氏)
廃城年 慶長6年(1601年
遺構 曲輪、石垣、土塁、井戸、竪堀
指定文化財 国の史跡
位置 北緯33度18分33.7秒
東経131度9分16.2秒

角牟礼城(つのむれじょう)は、大分県玖珠郡玖珠町角埋山(つのむれやま)にあった山城弘安年間(1278年 - 1288年)に森朝通により築かれたとされる。国の史跡

沿革[編集]

玖珠盆地は平安時代から玖珠郡衆によって支配されていたが、角牟礼城は、弘安年間(1278年 - 1288年)に玖珠郡衆の森朝通により豊後国から豊前国に抜ける交通の要衝に位置し、天然の要害である角埋山(576メートル)に築かれたと伝えられる。ただし、史料においてその存在が確認できるのは、文明7年(1475年)が最初である。

その後、戦国時代には、豊前の大内氏と豊後の大友氏との争いを背景により堅固に補強された。天正14年(1586年)の島津義弘による豊後侵攻の折には、玖珠郡衆が籠城したが、島津軍の攻撃にも落城することはなく、難攻不落の城として名を高めた。

文禄3年(1594年)から慶長5年(1600年)にかけて、日田の毛利高政が玖珠の拠点として角牟礼城を整備した。しかし、慶長6年(1601年)に来島長親が入封し森藩が立藩されると、来島氏が城主の格式を有さなかったため角牟礼城は廃城とされ、山麓に陣屋が置かれた。

2017年(平成29年)、続日本100名城(192番)に選定された[1]

構造と遺構[編集]

角牟礼城は、毛利高政によって、中世の山城から石垣や櫓門をもつ近世の城郭に作り変えられたとされ、その遺構からは中世の城郭から近世の城郭への移行の様子をうかがうことができる。

角埋山の頂上から本丸、二ノ丸、三ノ丸の順に配置され、伝搦手門跡には穴太積み(あのうづみ)とも呼ばれる野面積みの石垣が残っている。これは、安土城にも見られるという近世の山城の特徴であるという。

アクセス[編集]

大分自動車道玖珠インターチェンジより国道387号経由。三の丸跡まで車が入る。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「『続日本100名城』に県内4城 中津、角牟礼、臼杵、佐伯」 大分合同新聞、2017年4月6日

外部リンク[編集]