村田修三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村田 修三(むらた しゅうぞう、1938年9月27日[1] - )は、日本史学者、大阪大学名誉教授。城郭研究で知られる。

兵庫県生まれ。京都大学文学部史学科卒業。1967年同大学院博士課程中退。奈良女子大学助教授、教授、1998年大阪大学文学研究科教授、2002年定年退官、名誉教授[2]

著書[編集]

編・監修[編集]

論文[編集]

その他[編集]

1984年(昭和59年)、踏査研究で屋嶋城跡の北斜面土塁遺構を発見した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『大阪大学文学部の50年』1998
  3. ^ 村田修三 「研究室旅行こぼれ話ー屋島城ー」『寧楽史苑』 第30号、奈良女子大学史学会、1985年、69頁。