本多忠義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
本多忠義
時代 江戸時代前期
生誕 慶長7年(1602年
死没 延宝4年9月26日1676年11月2日
改名 忠光(初名)→忠義
別名 右兵衛(通称)
諡号 鈍斎
戒名 大信院本誓忠義大居士
墓所 奈良県大和郡山市城町の久松寺
奈良県奈良市二名の玉竜寺
官位 従五位下、能登
播磨姫路新田藩主→遠江掛川藩主→越後村上藩主→陸奥白河藩
氏族 本多氏
父母 父:本多忠政
母:熊姫松平信康の次女)
兄弟 忠刻政朝忠義
正室:法光院森忠政の娘)
忠平忠利忠以忠晴忠周忠常忠寄、娘(松平頼純正室)、娘(井上正任正室)、娘(金森頼直正室)、心涼院(水野忠盈正室)、清殊院(毛利光広正室)、娘(石川総良継室)、勢幾(前田利明継室)、娘(松平忠倫正室)

本多 忠義(ほんだ ただよし)は、江戸時代前期の大名播磨姫路新田藩3代藩主、遠江掛川藩主、越後村上藩主、陸奥白河藩初代藩主。

生涯[編集]

慶長7年(1602年)、本多忠政の三男として生まれた。祖父・忠勝の血を受け継いだ勇将で、慶長19年(1614年)からの大坂の陣では年少であるにもかかわらず出陣して功を挙げた。元和元年(1615年)閏6月19日、従五位能登守に叙位・任官する(村川浩平「天正・文禄・慶長期、武家叙任と豊臣姓下賜の事例」『駒澤史学』80号、2013年)。

寛永8年(1631年)、父・忠政が死去すると、播磨姫路藩の所領のうち4万石を分与された。寛永8年(1631年)に兄・政朝から1万石を分与され都合5万石となり、寛永16年(1639年)3月3日には遠江掛川藩7万石に加増移封された。正保元年(1644年)3月8日、越後村上藩10万石に加増移封され、慶安2年(1649年)6月9日に陸奥白河藩12万石へ加増移封された。

寛文2年(1662年)11月25日、隠居して鈍斎と号した。延宝4年(1676年)9月26日に死去。享年75。家督は長男の忠平が継いだ。