阿部正定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
阿部正定
時代 江戸時代後期
生誕 文政6年10月26日1823年11月28日
死没 嘉永元年8月25日1848年9月22日
改名 虎吉、杢三郎、誠一郎(幼名)
戒名 紫辺院
墓所 東京都台東区蔵前の西福寺
陸奥白河藩
氏族 阿部氏
父母 父:阿部正蔵、母:南部信真の娘[1]
養父:阿部正備
兄弟 正定須田津次郎正外
正室:花房職恕の娘
養子:正耆

阿部 正定(あべ まささだ)は、江戸時代後期の大名陸奥国白河藩の第5代藩主。忠秋系阿部家13代。

文政6年(1823年)、白河藩阿部家分家で旗本3,000石の阿部正蔵の長男として江戸に生まれる。嘉永元年(1848年5月10日、先代藩主の阿部正備隠居したため、養子として跡を継いだが、わずか3ヶ月後の8月25日に病死した。享年26。跡継ぎがいなかったためその死は秘匿され、宗家に当たる備後福山藩阿部家から正耆を養子に迎えて10月15日に養子届出を幕府に提出、同日に正定の死亡届も提出、11月30日に正耆は白河藩を継いだ。その後、正耆の死後に弟の正外が白河藩を継承した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 学習院大学史料館、P393。
  2. ^ 学習院大学史料館、P393、白河市、P393 - P394。

参考文献[編集]

  • 学習院大学史料館編『陸奥国棚倉藩主・華族阿部家資料 学習院大学史料館収蔵資料目録』学習院大学史料館、2001年。
  • 白河市編『白河市史 第二巻 通史編2 近世』白河市、2006年。