阿部正篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
阿部正篤
時代 江戸時代後期
生誕 享和元年9月3日1801年10月10日[1]
死没 天保14年3月17日1843年4月16日
改名 松平房丸(幼名)、阿部正篤
戒名 大厳院殿無彊大居士
墓所 東京都台東区蔵前 西福寺
官位 従五位下、飛騨
幕府 江戸幕府
陸奥国白河藩
氏族 紀州松平家阿部氏
父母 父:松平頼興、養父:阿部正権
正室:島津斉宣の娘・聡姫
養子:正瞭
テンプレートを表示

阿部 正篤(あべ まさあつ)は、陸奥国白河藩の第2代藩主。忠秋系阿部家10代。

生涯[編集]

享和元年(1801年)9月3日、松平頼興紀州藩主・徳川宗将の五男)の子として生まれる。

文政6年(1823年)、先代藩主の阿部正権が死去したため、その養子として跡を継いだ。同年11月に従五位飛騨守に叙任されている。正篤は生まれつき病弱だったため、天保2年(1831年)11月20日に養子・正瞭(大河内松平信明の九男)に家督を譲って隠居し、天保14年(1843年)3月17日に死去した。享年43(満41歳没)。

脚注[編集]

  1. ^ 文化4年(1807年)生まれとの説もある。