阿部正備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
阿部 正備
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政6年6月20日1823年7月27日
死没 明治7年(1874年4月11日
墓所 東京都台東区蔵前の西福寺
官位 従五位下、能登
幕府 江戸幕府 奏者番
陸奥国白河藩
氏族 大村氏阿部氏
父母 父:大村純昌、養父:阿部正瞭
兄弟 大村純顕正備高木寅純小出英教
大村純熈植村家興
正室:内藤頼寧の娘
資満(長男)、娘(松平頼英正室)、
娘(阿部正静正室のち京極高典正室のち大久保忠礼正室)、娘(内藤政養正室)、
娘(土方雄志正室)、娘(山田某室)、
養子:正定

阿部 正備あべ まさかた)は、江戸時代後期の大名陸奥白河藩の第4代藩主。忠秋系阿部家12代

文政6年(1823年)、肥前大村藩主・大村純昌の五男として生まれる。天保9年(1838年)5月12日に先代藩主・阿部正瞭が亡くなったため、養子となり同年6月28日に跡を継ぎ、従五位能登守に叙任された。天保14年(1843年)9月、奏者番になったが、弘化4年(1847年)に辞任。翌年の嘉永元年(1848年)5月10日には隠居し、養子の正定家督を譲った。明治7年(1874年)、52歳で死去した。