松平定邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平定邦
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保13年9月14日1728年10月16日
死没 寛政2年6月7日1790年7月18日
改名 久米次郎(幼名)→定邦
戒名 寛光院殿刺史紹誉憐道大居士
墓所 東京都江東区白河の霊巌寺
三重県桑名市東方の照源寺
官位 従五位下、従四位下、河内守
近江守、越中守、木工頭
主君 徳川家治
陸奥白河藩
氏族 久松松平氏
父母 父:松平定賢、母:烏丸光栄の娘
兄弟 定邦賢之助、妹(真田幸弘正室)
正室:黒田継高の娘
1男3女:娘(松平定信正室)
養子:松平定信

松平 定邦(まつだいら さだくに)は、江戸時代中期の大名陸奥白河藩の第2代藩主。定綱系久松松平家8代。

生涯[編集]

享保13年(1728年)、白河藩初代藩主・松平定賢の長男として生まれる。寛保3年(1743年)12月15日、将軍徳川吉宗にお目見えする。同年12月28日、従五位下河内守に叙任する。後に近江守に改める。明和7年(1770年)8月27日、父定賢の死去により跡を継ぐ。同年9月4日、通称を越中守に改める。同年10月15日、お国入りの許可を得る。安永2年(1773年)12月16日、従四位下に昇進する。安永3年3月15日、幕命により、徳川宗武の七男賢丸(後の養子定信)を養子に迎えることが決まる。徳川一門から養子を迎えることで家格の上昇をはかったようである。なお、安永4年には白河での花見の際に中風を発病し、江戸に参府したものの体調が優れなかったという[1]

天明3年(1783年)10月16日、養子定信に家督を譲って隠居した[2]。同年10月19日、通称を木工頭に改める。寛政2年(1790年)6月7日に江戸で死去した。

参考文献[編集]

書籍
史料

脚注[編集]

註釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 高澤憲治 著『人物叢書‐松平定信』吉川弘文館、2012年、p.11
  2. ^ 高澤憲治 著『人物叢書‐松平定信』吉川弘文館、2012年、p.33