阿部正耆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
阿部 正耆
時代 江戸時代末期(幕末
生誕 文政10年10月24日1827年12月12日
死没 元治元年3月2日1864年4月7日
改名 義三郎(幼名)、正耆
戒名 浄厳院殿徳誉賢譲良節大居士
墓所 東京都台東区蔵前の西福寺
官位 従五位下、従四位下、播磨守、侍従
幕府 江戸幕府
陸奥国白河藩
氏族 阿部氏
父母 父:阿部正粹、養父:阿部正定
正室:阿部正寧の娘(真田幸栄の娘とも)
正功、養子:正外

阿部 正耆(あべ まさひさ)は、江戸時代後期の大名陸奥白河藩の第6代藩主。忠秋系阿部家14代。

文政10年(1827年)10月24日、備後福山藩主・阿部正寧の兄・阿部正粹の次男として生まれる。嘉永元年(1848年)に先代藩主・阿部正定が若死にしたため、養子となってその跡を継いだ。嘉永2年(1849年)6月に奏者番となるが、文久の改革で奏者番制度が廃止されたため、文久3年(1863年)4月から江戸、5月には大坂、8月には京都守護職となった松平容保の補佐として、それぞれ警備を務めるなど、佐幕派として行動した。しかし同年12月に病に倒れ、翌元治元年(1864年)3月2日に死去した。享年38。

次男の正功は幼少だったため、養子の正外が跡を継いだ。