有馬頼徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
有馬頼徳
Arima Yorinori.jpg
有馬頼徳像(篠山神社蔵)
時代 江戸時代後期
生誕 寛政9年6月22日1797年7月16日
死没 天保15年4月3日1844年5月19日
改名 新太郎(幼名)、頼徳、水鴎(法号)
別名 華山、月船
戒名 大良院殿前鴻櫨卿譲渓道温大居士
墓所 東京都渋谷区広尾の祥雲寺
官位 従四位下、侍従上総介、玄蕃頭、左少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
筑後久留米藩
氏族 摂津有馬氏
父母 父:有馬頼端、母:玉清院(吉田氏)
兄弟 頼徳細川興建一知、益(丹羽長富室)
正室:徳川斉敦の娘・幹姫智光院
側室:お綱(松濤院)、立石氏(宝寿院)
美(牧野貞一正室)、頼永亀井茲監、謳(前田慶寧正室)、頼咸松平直克、竹子(土屋寅直正室)、娘(松平頼煕正室)
養女:媛(大給松平乗羨娘、有馬氏貞正室)
テンプレートを表示

有馬 頼徳(ありま よりのり)は、筑後久留米藩の第9代藩主。久留米藩有馬家10代。

生涯[編集]

寛政9年(1797年)6月22日、久留米藩嫡子・有馬頼端(第8代藩主・頼貴の三男)の長男として生まれる。頼瑞は頼貴の世子だったが早世したため、頼徳が祖父頼貴から世子に指名され、文化7年(1810年)には従四位下・侍従・上総介に叙位・任官された。文化9年(1812年)に祖父が死去したため家督を継ぎ、玄蕃頭に遷任される。

しかし財政難のため、就任早々の幕府による関東河川の手伝い普請で領民に臨時税1192を課したり、文化13年(1816年)には経費を3割縮減した緊縮財政や家中からの米献納を命じたりして、財政改革に取り組んだ。一方で、「月船」「水鴎」といった号を持ち、自らの趣味に没頭した。文政2年(1819年)から、久留米城内に柳原御鷹場を作り始め、さらに能楽を何度も開くなどして財政をさらに悪化させた。このため、文政6年(1823年)には江戸からの帰国中に旅費不足に陥り、急遽国許の大庄屋中から5000両を送金させる事態に陥る。翌文政7年(1824年)から、役所整理などの経費節減による財政改革を開始したが、同年から文政11年(1828年)まで毎年洪水または不作に見舞われるという不運も重なった。しかも、こうした中で文政8年(1825年)に柳原の庭園が完成した際には、『柳原八景詩歌』を編纂させている。文政10年(1827年)からは御用金を取り立て、文政11年には上米の増額と万事3か年の省略を命ずるなどしたが、借金はさらに膨れ上がり、天保2年(1831年)には人別銀17446両を徴収した。こうした過酷な取り立てをきっかけに、天保3年(1832年)からは亀王組による国中を巻き込む一揆が起こる有様だったが、同年には場内に焼物窯を開き、柳原焼と称して写し物の製作をさせるなど、趣味への出費が減ることはなかった。

天保2年(1831年)に左少将に遷任される。晩年の天保9年(1838年)には大洪水で大被害を受けたにもかかわらず、諸国巡見使の接待に1万両を費やし、さらなる財政悪化のために家臣へ増上米を命じた。翌天保10年(1839年)8月には、江戸城西ノ丸の普請を命じられ、10月にはとうとう柳原鷹場を取り壊した。天保15年(1844年)4月3日に江戸で死去した。享年48。跡を四男の頼永が継いだ。