伊達村候

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊達村候
五代藩主 伊達村候(右側)と正室 護姫の墓 (金剛山大隆寺)

伊達 村候(だて むらとき、享保10年5月11日1725年6月21日[1])- 寛政6年9月14日1794年10月7日[1]))は、伊予国宇和島藩の第5代藩主。

第4代藩主・伊達村年の長男[1]。母は伊達吉村の娘富子[1]。正室は鍋島宗茂の娘護姫[1]。側室に田中氏、木原氏、深沢氏、細田氏。子は伊達徳輝(長男)、山口直清(次男)、伊達徳元(三男)、伊達村寿(四男)、娘(丹羽長貴正室、のち植村家利正室)、娘(牧野貞喜正室)、富(花山院愛徳室、のち松平直恒継室)。官位は従四位下。遠江守。大膳大夫。左近衛権少将。幼名は伊織。別名は村房、村隆、政徳、政教など多数。

生涯[編集]

享保8年(1723年)生まれとも言われる。享保20年(1735年)、父の死去により跡を継ぐ。

外祖父で仙台藩主の伊達吉村寛保3年(1743年)に隠居)から偏諱を賜り村候と名乗る。寛延2年(1749年)、新たに仙台藩主となっていた伯父の伊達宗村が、本家をないがしろにする行為が不快であるとして、村候を老中堀田正亮に訴える。村候は、宇和島藩伊達家が仙台藩伊達家の「末家」ではなく「別家」であるとして従属関係を否定し、自立性を強めようとしていた。具体的には、前述のように仙台藩主から偏諱を受けた「村候」の名を改めて「政徳」と名乗ったり、「殿様」ではなく仙台藩主と同様の「屋形様」を称したり、仙台藩主への正月の使者を省略したり、本家伊達家と絶交状態にあった岡山藩池田家と和解したりした。堀田正亮・堀川広益は両伊達家の調停にあたった。堀田は仙台藩伊達家を「家元」と宇和島藩伊達家を「家別レ」とするといった調停案を示した。これらの朝廷の努力もあり、表面的には同年中に両伊達家は和解に達した。しかし、その後も両伊達家のしこりは残った。

藩政においては、享保の大飢饉において大被害を受けた藩政を立て直すため、窮民の救済や倹約令の制定、家臣団25か条の制定や軍制改革、風俗の撤廃や文武と忠孝の奨励を行なうなど、多彩な藩政改革に乗り出した。宝暦4年(1754年)からは民政3か条を出して民政に尽力し、延享2年(1745年)からは専売制を実施する。宝暦7年(1757年)12月には紙の専売制を実施し、寛延元年(1748年)には藩校を創設するなどして、藩政改革に多大な成功を収めて財政も再建した。

しかし、天明の大飢饉を契機として再び財政が悪化し、藩政改革も停滞する。その煽りを食らって、晩年には百姓一揆と村方騒動が相次いだ。そのような中で寛政6年(1794年)9月14日(異説として10月20日)に70歳で死去し、跡を四男・村寿が継いだ。法号は大隆寺殿羽林中山紹興大居士。


教養人としても優れた人物で、「楽山文集」、「白痴篇」、「伊達村候公歌集」などの著書を残した。また、晩年には失敗したとはいえ、初期から中期まで藩政改革を成功させた手腕は「耳袋」と「甲子夜話」で賞賛されている。

系譜[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ a b c d e 宇神『シリーズ藩物語、宇和島藩』、P110

参考文献[編集]