堀川広益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀川 広益(ほりかわ ひろます、元禄7年(1694年) - 宝暦6年4月7日1756年5月5日))は、江戸時代高家旗本。父は公家久我通名。生母は西園寺公満の娘。広幡豊忠は実兄。通称は繁丸、左門、修理。官位は従四位上侍従・兵部大輔。

父通名は、祖父久我広通の長男であったものの、病気のために嫡子の地位を辞退していた。そのため広益は江戸に下り、幕府に仕えることになった。宝永7年(1710年)12月25日に将軍徳川家宣御目見し、12月27日に御側高家に就任する。それに伴い従五位下侍従・兵部大輔に叙任し、上野群馬郡内で500石を与えられる。後に従四位下、従四位上に昇進する。なお、広益の高家登用をもって、全ての高家が出揃うことになった。享保元年(1716年)5月16日、御側高家の廃止により高家に転任する。宝暦2年(1752年)4月23日、高家肝煎となる。宝暦6年(1756年)4月7日死去、63歳。

正妻は秀小路の養女。長男正輝(中根正美養子)、次男有馬広之ら5男4女あり。そのうち1人は養女である。

先代:
高家有馬家初代当主
1710年 - 1756年
次代:
有馬広之