松平直興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平 直興
時代 江戸時代後期
生誕 寛政12年9月25日1800年11月11日
死没 嘉永7年閏7月24日1854年9月16日
別名 英三郎(幼名)、四山、遠山、堂如、南山、一鏡、舌々子、宗玄、舌翁、閑花林、三世貞佐、東幻住庵、不二庵、知足、瓢界、孤円斎、玄翁、孫円斎(法号)
戒名 不二庵
墓所 東京都港区虎ノ門天徳寺
官位 従五位下、駿河守、主計頭、志摩
幕府 江戸幕府
出雲母里藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平直方、母:松平輝和の娘
正室:松平直恒の娘、側室:中西氏
娘(松平直温正室)
養子:直温

松平 直興(まつだいら なおおき)は、出雲母里藩の第8代藩主。直政系越前松平家母里藩分家8代。

寛政12年(1800年)9月25日、第7代藩主・松平直方の長男として生まれる。文化14年(1817年)3月25日、父の隠居により家督を継ぐ。財政難を再建するため、黒川羽左衛門を登用して新田開発、灌漑用水の改良を行なった。

しかし実際は文学肌の藩主で、田川鳳朗に俳句を学び、小林一茶の「おらが春」にも彼の俳句が残されている。また、俳句で使った号は10を越えるものである。その他、狩野派の絵画、嵯峨様の書道、道具名器の蒐集にも傾倒した。

天保14年(1843年)9月13日、病気を理由に家督を娘婿で養子直温に譲って隠居する。嘉永7年(1854年)閏7月24日に死去した。享年55。

母里藩中興の名君といわれている。