松平輝和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平輝和
時代 江戸時代中期
生誕 寛延3年3月21日1750年4月27日
死没 寛政12年9月20日1800年11月6日
改名 長三郎、酒之丞(幼名)、輝和
墓所 埼玉県新座市野火止の平林寺
官位 従四位下右京大夫
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行大坂城代
主君 徳川家治家斉
上野高崎藩
氏族 大河内松平家
父母 松平輝高、林氏
兄弟 輝行輝和輝延、永
輝健、絢、松平宗允正室、松平直方継室ら
輝延
テンプレートを表示

松平 輝和(まつだいら てるやす)は、江戸時代中期の大名上野国高崎藩主。寺社奉行大坂城代。高崎藩大河内松平家5代。

生涯[編集]

高崎藩第3代藩主・松平輝高の次男。兄・輝行の死去により、安永4年(1775年)7月5日、嫡子となる。

天明元年(1781年)11月11日、家督を継ぐ。天明3年(1783年)9月1日、奏者番となり、翌天明4年(1784年)4月26日、寺社奉行を兼任する。寛政10年(1798年)12月8日、大坂城代となる。寛政12年(1800年)、任地の大坂で病没した。

死去に際し実子・輝健がいたが、輝健の誕生以前に弟の輝延を嗣子に定めていたため、家督は輝延が継いだ。

藩政においては、郡奉行大石久敬に農政書『地方凡例録』を編纂させ、藩士の服務規程を定めた。

系譜[編集]