安藤重博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
安藤重博
時代 江戸時代前期
生誕 寛永17年(1640年
死没 元禄11年8月9日1698年9月12日
戒名 定恵院不嘔覚海
墓所 東京都品川区東海寺定恵院
官位 従五位下対馬守
幕府 江戸幕府奏者番老中
主君 徳川家綱綱吉
上野高崎藩主→備中松山藩
氏族 安藤氏
父母 安藤重之藤堂高次の娘
正室戸田光重の娘
小出英益正室、信友酒井忠寛正室
テンプレートを表示

安藤 重博(あんどう しげひろ)は、江戸時代前期の大名上野国高崎藩の第3代藩主備中国松山藩の初代藩主。官位従五位下対馬守

略歴[編集]

安藤重之の長男として誕生。

明暦3年(1657年)、祖父で先代藩主である安藤重長の死去により跡を継いだ。寛文4年(1664年)2月に奏者番となる。後に老中に栄進したため、元禄8年(1695年)5月に5000石加増の6万5000石で備中松山藩に移封されたが、過酷な検地を行なって領民を苦しめたと言われている。

元禄11年(1698年)8月9日、59歳で死去し、跡を長男・信友が継いだ。

系譜[編集]