松平輝承

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平輝承
時代 江戸時代後期
生誕 文化14年3月16日1817年5月1日
死没 天保10年6月26日1839年8月5日
墓所 埼玉県新座市野火止の平林寺
官位 従五位下、右京亮
幕府 江戸幕府
上野高崎藩
氏族 大河内松平家
父母 父:松平輝延、母:古川氏
兄弟 輝茂輝実輝承
正室:松子酒井忠器の養女、黒田直侯の娘)
養子:輝徳

松平 輝承(まつだいら てるよし)は、江戸時代後期の上野高崎藩主、奏者番。高崎藩大河内松平家7代。

生涯[編集]

文化14年(1817年)3月16日、大坂城代として在任中であった高崎藩第5代藩主松平輝延の三男として大坂に生まれる。輝延の養子だった輝健、長兄の輝茂や次兄の輝実がいずれも早世したため、継嗣となる。文政8年(1825年)4月4日、家督を継ぐ。天保9年(1838年)9月1日、奏者番に任ぜられる。天保10年(1839年)6月26日、数え23歳にして没した(表向きには7月20日卒とする)。嗣子が無かったため、家督は養子の輝徳が継いだ。