稲垣重綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
稲垣重綱
時代 安土桃山時代江戸時代前期
生誕 天正11年(1583年
死没 承応3年1月8日1654年2月24日
戒名 法性院光岳宗本
官位 従五位下摂津
幕府 江戸幕府大坂城代
主君 徳川秀忠
上野国伊勢崎藩主→越後国藤井藩主→同三条藩主→三河国刈谷藩
氏族 稲垣氏
父母 父:稲垣長茂
兄弟 重綱則茂重大大久保忠知正室、
石川政次正室ら
正室:森川氏俊
重昌茂門重氏本多忠相正室、
真田信政正室、本多正直正室、
安藤直政継室、石川政信継室、
板倉重直正室、大久保忠信正室、
中島重貞

稲垣 重綱(いながき しげつな)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名徳川氏の家臣。上野国伊勢崎藩第2代藩主、越後国藤井藩主、同三条藩主、三河国刈谷藩初代藩主。鳥羽藩稲垣家2代。

稲垣氏文明年間に、伊勢国から三河国宝飯郡に移住した地侍の家系。

天正11年(1583年)、三河牛窪城主・牧野康成の家臣(のち徳川氏の直参家臣→伊勢崎藩初代藩主)・稲垣長茂の長男として生まれる。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは徳川秀忠軍に属して真田昌幸(西軍)の居城・信州上田城攻めに参加した。

慶長17年(1612年)、父・長茂の死により家督と上野伊勢崎藩1万石の所領を継ぐ。慶長19年(1614年)からの大坂の陣においては酒井家次隊に属して参戦し、戦功を挙げたことから元和2年(1616年)、越後藤井藩2万石に加増移封された。元和6年(1620年)、さらに3000石加増のうえ、越後三条城に居城を移した。慶安元年(1648年)から慶安2年(1649年)の間には、大坂城代も務めている。

慶安4年(1651年)、三河刈谷に移封され、承応3年(1654年)1月8日、72歳で死去した。嫡男・重昌は既に死去していたため、重昌の長男・重昭が後を継いだ。