土岐定経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
土岐 定経
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保13年9月6日1728年10月8日
死没 天明2年8月20日1782年9月26日
改名 千之助(幼名)→定経
別名 頼母(通称)
戒名 乾隆院殿元徳道亨大居士
墓所 東京都品川区北品川東海寺春雨庵
官位 従四位下、美濃
幕府 江戸幕府
上野沼田藩
氏族 土岐氏
父母 父:土岐頼稔、養父:土岐頼煕
兄弟 頼煕菅沼定興定則定経
頼相頼寛定吉定富定考(頼量)、頼布、娘(井上正定継室)、磯(松平定剛正室)

土岐 定経(とき さだつね)は、上野沼田藩の第3代藩主。沼田藩土岐家6代。

生涯[編集]

初代藩主土岐頼稔の五男として田中に生まれる。宝暦5年(1755年)、兄の先代藩主頼煕が嗣子無くして死去したため、その跡を継いだ。藩財政再建のために重税を領民に課そうとしたが、見取騒動が起こったため失敗に終わった。明和元年(1764年)2月に奏者番、同年6月に寺社奉行、天明元年(1781年)に大坂城代となった。天明2年(1782年)8月20日、大坂にて55歳で死去し、跡を次男の頼寛が継いだ。