黒田直純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
黒田 直純
Kuroda Naozumi.jpg
黒田直純像(後世、想像で描かれたもの)
時代 江戸時代中期
生誕 宝永2年4月23日1705年5月15日
死没 安永4年閏12月27日1776年2月16日
改名 三五郎(幼名)、直純
戒名 勝融直純春晃院
墓所 埼玉県飯能市の能仁寺
官位 従五位下、従四位下、大和
幕府 江戸幕府
上総久留里藩
氏族 本多氏黒田氏
父母 父:本多正矩、養父:黒田直邦
正室:黒田直邦の五女・三千子(華厳院)
直弘、亀次郎、長吉、
娘(京極高慶正室)、娘(津軽著高正室)
娘(上田義陳正室のち勝田元忠継室)
娘(三枝守富正室)、娘(杉浦正勝正室)
娘(松平信礼正室)、娘(森光嶢 正室)、
養子:直亨
養女:黒田直基の娘、本多忠栄正室)

黒田 直純(くろだ なおずみ)は、上野沼田藩の第2代藩主、のちに上総久留里藩の初代藩主。久留里藩黒田家2代。

宝永2年(1705年4月23日本多正矩の次男として江戸で生まれる。

沼田藩の先代藩主黒田直邦の婿養子だった直基が早世したため、その未亡人(直邦の娘)と結婚して享保6年(1721年12月に新たな養嗣子となる。

享保20年(1735年)の直邦の死去により家督を継いだ。

寛保2年(1742年7月28日、沼田から久留里へ移封された。久留里城再建のため、5千両を給わる。

翌年6月大坂城加番を命じられる。

寛延2年(1749年)12月18日、奏者番に任じられた。

宝暦13年(1763年)12月18日、従四位下に昇進する。同日、奏者番の職を解かれる。

安永4年(1775年)閏12月27日に死去した。享年71。

跡を先代の直邦の実子で養子の直亨が継いだ。


先代:
黒田直邦
黒田氏歴代当主
1735年 - 1775年
次代:
黒田直亨