真田信利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
真田 信直
Sanada Nobutoshi.jpg
生誕 寛永12年(1635年
死没 貞享5年1月16日1688年2月17日
改名 兵吉、信澄、信俊、信直
別名 (通称)喜内、信直[1]
墓所 迦葉山弥勒寺(伝)
官位 従五位下伊賀守
上野沼田藩初代藩主
氏族 真田氏
父母 父:真田信吉、母:慶寿院(依田氏)
兄弟 熊之助信直
正室:山内忠豊の娘・松姫
信音(長男)、武藤信秋(次男、源三郎)
栗本直賢(三男、外記)、辰之助(四男)、尚姫(長女)

真田 信利(さなだ のぶとし)は、江戸時代前期の上野沼田藩主。父は真田信吉。母は側室で真田家家臣依田氏の娘。「信利」との名については、後述 #実名について を参照(以下、本項では実際に名乗ったとされる「信直」で統一する)。

生涯[編集]

松代藩相続争い[編集]

信直は真田信之の庶長子である信吉の次男として生まれる。当時の沼田3万石は独立した藩ではなく、松代藩の分領(分地)であった。沼田は信吉死後、信直の兄の熊之助が統治していたが、寛永15年(1638年)に幼くして没した。当時は信直も兵吉を名乗る3歳児だったため、信直の叔父に当たる真田信政が相続した。信直には沼田領のうちから利根郡小川村に5000石を分与され、小川城跡の二の丸を陣屋として、寛永16年(1639年)から明暦3年(1657年)まで母親と共に居住した。

明暦2年(1656年)、祖父の松代藩主真田信之が隠居したのに伴い、沼田領主であった叔父信政は本家松代藩を相続し、沼田領は代わって信直が領有することになる。

信政は2年後の明暦4年(1658年)2月に死去した。松代藩はまだ存命だった隠居の信之の決定により、信政の子の幸道を後継者とし、幕府に届け出た。一方で信直は自身が信之の長子信吉の子であることを理由として「真田家の、松代藩の正統な後継者は自分である」と幕府に訴え出て幸道の本藩相続撤回を求めた。

信直には正室の実家の土佐藩老中で下馬将軍酒井忠清、信之の長女光岳院殿の嫁ぎ先である高力氏が後ろ盾となり、大規模な家督騒動を展開したが、6月、幕府は幸道をもって松代藩の後継者と最終決定した。このとき、幕命により沼田領は松代藩から分離独立させられ、信直を藩主として沼田藩として立藩した。

領内騒動、改易[編集]

これ以降、信直は10万石の松代藩に対抗するため、寛文2年(1662年)より領内総検地を断行し、表高3万石に対して実高14万4000石を強引に打出し幕府に報告した(沼田藩改易後、幕府が再度検地をしたところ、実高は6万石に過ぎなかった)。また、江戸の藩邸も松代藩邸に引けをとらぬ豪奢な造りに改装したため、領民は重税を強いられ多数の餓死者を出すなど、ますます窮乏していった。

延宝8(1680年)年、信直は両国橋改修の用材の調達を、材木商大和屋から請負った[2]。しかし、折からの台風により利根川片品川が氾濫して用材は流出し、翌天和元年(1681年)10月の納入期日に間に合わなかった。さらに同年、長年の領民の怒りが杉木茂左衛門の直訴という形で噴出した。11月、沼田藩は幕府から治世不良、納期遅滞の責めを問われ、改易された。信直は山形藩奥平家に、長男の信音赤穂藩浅野家に、次男の武藤源三郎信秋(母は正室松姫)は郡上藩遠藤常春に、三男の栗本外記直堅・四男の辰之助は上田藩仙石家にお預けとなった。また一説では、辰之助は長姫(信利の姉)の養子となり、初め真田修理亮信明、後に千種有純になったとも言われている。尚姫も長姫の養女となり、久我通誠に嫁いでいる[3][4]。翌天和2年正月には、幕府の命令によって沼田城が破却され、堀も埋められた。その後、信直は奥平家の宇都宮への転封に従って山形から宇都宮に移り、同地で没した。享年54。

長男の信音は後に許され、旗本として1000俵(後に采地1000石)を賜ったが、無継絶家で改易となる。一門の真田信興がその名跡を継ぐが、信興の子の政賢の不行跡のため、改易追放となる。この時、父信興の兄弟の信清も連座して改易となった。

実名について[編集]

尚、実名は一般的に「信利」で知られるが、寛文10年まで「信澄」、延宝2年まで「信俊」、翌年から「信直」と改名しており、「信利」と名乗ったことは一度もない。「信利」の名は、『寛政重修諸家譜』『徳川実記』にみられるが、「信俊」と音通する以外、根拠を見出すことはできない。

年譜[編集]

登場する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「伊賀守像とその名前」『沼田市史通史編2』pp.91-92
  2. ^ 『群馬県史通史編4近世1』p.157
  3. ^ 『大鋒院殿御事跡稿 巻之三』p.131
  4. ^ 『天桂院殿御事跡稿 巻之三』p.203