杉木茂左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉木 茂左衛門(すぎき もざえもん、寛永11年(1634年)? - 貞享3年(1686年))は、江戸時代義民上野国(群馬県)の農民。代表越訴型一揆の代表的存在である。磔 茂左衛門(はりつけ もざえもん)とも呼ばれる。

経歴[編集]

  • 1662年、沼田藩真田信利の悪政が始まる。
  • 1680年、大飢饉の発生により、経済状況がより悪化。
  • 1681年、沼田領77村の農民のために直訴を決意。大老酒井忠清を訪ねるが門前払いにあう。茂左衛門は知恵をめぐらし、輪王寺の紋箱に入れた訴状をわざと茶屋に置き忘れ、茶屋の主人に届けさせた。主人は将軍徳川綱吉に訴状を届け、沼田藩主真田信利は改易となった。
  • 1686年、茂左衛門は直訴の罪で妻子もろとも磔刑に処された。実は赦免の使者が出ていたのだが、使者が到着する前に刑が執行されてしまったと言われている。
  • 村人は千日堂を建立し、茂左衛門を祀った。
  • 明治期に駒形壮吉野口復堂らにより杉木の存在がクローズアップされ、1926年には藤森成吉によって戯曲「磔茂左衛門」があらわされて人気が沸騰した。
  • 千日堂は杉木の死後、相当の期間が経過して忘れられていたが、1922年に再建され、1971年には再建された。

その他[編集]

  • 群馬県の郷土かるた「上毛かるた」にて、"て"の札「天下の義人 茂左衛門」として読み継がれている。

外部リンク[編集]