松平宗発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松平 宗発(まつだいら むねあきら、天明2年7月2日1782年8月10日) - 天保11年8月25日1840年9月20日))は、江戸時代後期の大名老中丹後宮津藩第5代藩主。本庄松平家8代。

3代藩主松平資承の三男。4代藩主松平宗允の弟。正室は牧野康儔の娘。子に長男宗篤、次男資懐(那須資礼養子)、三男常要、四男安行、娘(西尾忠固正室)、洵子(松平忠栄継室)、娘(青山幸礼正室)、娘(松平信宝継室)、娘(安藤信正正室)、娘(安部信任正室)、娘(久野純固室)、娘(中西元良室)。官位は従四位下、伯耆守、侍従

生涯[編集]

奏者番寺社奉行大坂城代京都所司代を経て、老中に就任。藩の財政回復の為に万人講という政策を行った。万人講は、領民に1日3文の貯蓄をさせ、毎月庄屋がそれを集めて上納させる政策であったが、各地で反対する打ち壊しが発生し、文政2年(1822年)に廃止された。宗発死後、家督は養子の松平宗秀(4代藩主宗允の三男)が継いだ。

略歴[編集]