安藤直馨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安藤 直馨(あんどう なおか、天明6年8月15日1786年9月7日) - 文政9年3月29日1826年5月5日))は、紀伊田辺藩の第15代当主。丹後宮津藩主・松平資承の五男。子は娘(松平宗発の養女)。官位は従五位下、帯刀。幼名は正三郎、賢三郎。

文政7年(1824年)6月27日、直則の死去により、末期養子として家督を継いだ。同年12月16日、従五位下に叙任し、帯刀を称する。文政9年(1826年)に死去し、跡を直則の実子の直裕が継いだ。