松平資訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
松平資訓
時代 江戸時代中期
生誕 元禄13年(1700年
死没 宝暦2年3月26日1752年5月9日
官位 従五位下、図書頭、豊後守、従四位下、侍従
幕府 江戸幕府
遠江浜松藩主→三河吉田藩主→
遠江浜松藩主
氏族 佐野氏本庄松平家
父母 父:佐野勝由、母:渡辺氏
養父:松平資俊
正室有馬頼元の娘
継室浅野綱長の娘
継室:松平輝貞の養女(柳沢吉保の娘)
長男、次男、資昌、娘(加藤明熙正室)、
養子:資順

松平 資訓(まつだいら すけくに)は、江戸時代中期の大名京都所司代遠江浜松藩主、三河吉田藩主、再封され浜松藩主。本庄松平家3代。

大身旗本・佐野勝由(佐野信吉の三男・公当の子)の次男として生まれる。甥(資訓の15歳上)の松平宗弥が早世したため、浜松藩主・松平資俊の養子となり家督を継ぐ。のち京都所司代を務め、幕政に参与した。

経歴[編集]

官位位階[編集]

系図[編集]

本庄宗正
 
本庄宗資
 
 
 
 
 
松平資俊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平宗弥
 
松平資順
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐野勝由
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐野信吉
 
佐野公当
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平資訓
 
 
松平資昌